半月ぶりのトーキョー。

日中、雨が降らなさそうだったので、さて、今日も。

 

芝刈り

とは言え、水分を多く含んだ芝生は、刈った芝生があちこちにこびりつくうえ、重くなるので刈りづらいよ・・・。

&2週間ちょっと放ったらかしだったので、17mmで5袋。

帰ってくるたびに芝刈りだけど、いい加減、芝刈りしないで済むときはないのか?
ちゅーか、来週も帰ってくるから、来週は芝刈りしないで済むか。

 

そうそう、水分を多く含んでいる芝生を刈っていると、芝刈り機の刃の形状と刈った芝生の吐き出し口の位置の関係で、どうしても右側が詰まり気味で、右側が重くなる&刈った芝生がこぼれることが多いので、次から芝を刈るときは、時計回り、かつ外側から中心に向かって刈っていくと、いいみたい。

10年以上芝とお付き合いしているのに、いまさらだけど。

One thought on “梅雨で重くなった芝生で考える”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。