今日のお散歩カメラは、 の1Q Tessar 50mm F2.8(Exakta)

Tessar
100年以上前から作られている3枚4群でシンプルなレンズ構成で、廉価でかつピントがシャープなことから、鷹の目と言われているレンズ。

 

アルミ鏡胴でシリアルナンバーからすると、生産時期は1950年代後半。自分が生まれるずーっと前から活躍しているレンズなのね。

Tessar

 

ということで、散歩の前日夜にカメラにレンズをつけて夜景を撮ってみると、、、

Tessar

あらー、60年以上前に撮った写真は古く感じるのに、60年以上前のレンズで撮った画像は、まったく古さを感じないじゃん!!

スカイツリーの光芒、スゲー主張してる。

Tessar

 

翌朝、散歩で撮ってみると、

Tessar

まあ、明暗の激しい被写体は難しそうだけど、

Tessar

思ったより古さを感じないもんだねー。

Tessar

鷹の目テッサーは、古くなっても鷹の目を持ったまま、なのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。