さて、今日は原町で本祭り。

500騎近くの騎馬武者行列から始まって、雲雀ヶ原祭場地で甲冑競馬と神旗争奪戦。

相馬野馬追

騎馬武者行列は9時半から。

駐車場とか混むだろうから早めに行ったら、雲雀ヶ原祭場地に一番近い9番の駐車場を確保。ラッキー!

今回は昨年の反省を活かして折り畳み椅子持参。
雨は大丈夫だろうけど、一応折り畳み傘も。

去年と同じく行列の進行方向右側、かつ道路の向こう側が林になっている場所(背景が空だと、被写体人物や馬に合わせて露出補正が忙しくなる)を探していると、ちょうど野馬追通りから祭場地への曲がり角もまだゆとりがあったので、撮影場所も確保。

行列が始まると超混みそうだけど、行列もスピードが落ちるから撮影しやすいと見た。

ということで10時を過ぎたころ、騎馬武者たちが登場~。

相馬野馬追 相馬野馬追

相馬野馬追 相馬野馬追 

背景が林なので撮りやすい。

相馬野馬追 相馬野馬追

相馬野馬追

行列は1時間少々続きました。

 

さて、祭場地でお昼を食べて午後のイベントを待ちます。

去年は七曲りの坂で神旗をもって駆け上がってくる騎馬武者の写真が撮れたので、今回は違う場所で、、、とも思ったけど、やっぱり同じ場所で。斜面で足元悪いけど。

 

ということで甲冑競馬。

相馬野馬追

雨って降ってないと思うんだけど、、、馬場がぬかるんでいるのは何故?

排水が悪くて、前回の雨が残っている?
ぬかるんでいる方が馬の脚に負担がかからない?
騎馬武者に泥が跳ねて迫力がでる?

イマイチ理由はわからないけど、泥をかぶった騎馬武者の勇ましい姿が撮れるので、まあ、理由は何でもいいや。

相馬野馬追 相馬野馬追

それにしても七曲りの坂っていいポジションだなー。(足場は悪いけど)

相馬野馬追 相馬野馬追

 

さて、神旗争奪戦。

相馬野馬追
引きで撮ってもあまりピンとこない

神旗を手にした武者たちが観客の拍手の中、本陣へ駆け上がっていきます。

相馬野馬追 相馬野馬追

相馬野馬追 相馬野馬追

ということで今回も楽しく写真が撮れました。

いずれはどこかの郷に張り付きで同行したり、祭場地の内側で甲冑競馬を撮影してみたいけど、この場所も捨てがたいなー。

明日は小高の野馬懸です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。