つい先週、ベルボンの三脚、GEO Carmagne E545 55th  (M)を買っちゃいましたが、これまで(いや、これからも)愛用しているのは、


重さが1170g、縮めた時の長さが425mmなので、旅行に大活躍しております。

ただし、いつもケースに入れて持ち運んでなかったので、移動中や使用中にウレタングリップが破れたり、裂けたりしてしまっていました。

ま、ウレタングリップなんて消耗品の部類だし、使用には特に支障がないので割り切って使っていましたが、ベルボンのサポートに見積もりを確認したところ、

部品費=1800円(3箇所分)
工賃=1500円
消費税=165円
お支払い総額=3465円

この金額なら、ということで修理をお願いした三脚が戻ってきました。

きれいになって戻ってきて、ちょっとうれしかったり。
今後はもう少し丁寧に取り扱います、ベルボンさん。

ところで修理代金、見積もり依頼のメールには、

『修理代金のお支払いは、修理完了品がお手元に到着後、同封の伝票記載金額を指定金融機関へお振込みください。』

とあったので、三脚と一緒に同封されていた修理伝票を確認したところ、0円の記載が。

タダ?何で?

少なくともこの修理については自分の取り扱いに問題があるわけで、ベルボンが持つ必要がないのに・・・・。

ちなみに、さかのぼること1ヶ月前。

ほとんど出番がなくなった三脚もあるのですが、久しぶりにケースから取り出してみたところ、パンハンドルにべたつきが生じてました。


Ultra Lux i F

カメラのグリップが経年劣化でべたつく、という例は知っておりましたが、三脚も。

サポートに、パンハンドルがべたつくので修理をしたい旨をメールすると、(早い話、このUltra Lux i Fを修理す るついでに、El Carmagne 443Ⅱも修理の依頼を出したのですが、)返ってきたメールに

『Ultra Lux i Fハンドルグリップ部のベタツキは、表面塗装の不具合が疑われます。
交換部品(無償)を直送させていただきますのでご住所、電話番号をご連絡ください。』

とありました。

ということで、連絡先をメールで送ったところ、すぐにパンハンドルが送られてきましたが、よもや、El Carmagne 443Ⅱの部品交換もタダにしてくれるとは。

そういえばかなり以前、このUltra Lux i Fで ホットシューのレバー(①)か、LUXi EVストッパー(⑤)が壊れてしまい、修理(交換)したこともあるのですが、その際もタダだったような・・・?

なので、これまで三脚で計3回の修理(交換)をお願いしているのに、1回も修理代金払ったことがありません。

ま、三脚を購入する時点でそういったサポート費用が暗に含まれているのかもしれませんが、購入側としては、それらの費用を含めた金額を払っている感覚がまったくない分、ベルボンの気前の良さに驚いてしまいます。

太っ腹だなぁ、ベルボンは。
これからも愛用させていただきます。

ま、これだけ持っているので、当分買い増しはなさそうですが・・・・。
(いや、いつも裸で持っているのでケースくらいは買うかな?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。