ヨメの友人にバングラデシュ人のAbedinさんという方がいて、たまにダッカから手紙が届いたり(一緒に洋服なんかも!)電話が直接かかってきたりします。

だいたい話の内容は「バングラデシュにいつくるんだ?」とか、「ミャンマーまで来たのなら、なぜ隣の国のバングラデシュに寄らないんだ?」とか。しまいには手紙の返事が遅れると、「返事が来ないのは怒っているから?」とか(やれやれ・・・・ 💦 )まあ、我が家がバングラデシュに来ることを望んでいるようです。

そして、ついこの前のAbedinの手紙には一緒にこんなメッセージまで。

Nisa

親愛なるお母さんへ

お元気ですか?私は元気です。バングラデシュにはいつ来ますか?

お母さんのことが大好きです。

ニサ(Nisa)より 💕

だ~っ!何歳なのか知らないけど、自分の娘までダシに使いやがって!
わかったよ。しゃーねーから次、バングラデシュ行ってやるよ。

ということで、9月の連休(と夏休)を利用してタイ経由でバングラデシュに行ってくることにしました。

バングラデシュって何があるんだろ・・・・?
ま、スケジュール的にそんなに滞在する時間ないけど。

世界遺産リストからすると、

・バゲルハードのモスク都市
・パハルプールの仏教寺院遺跡群

イスラム国家の仏教寺院遺跡群か。ちょっと興味あるな。

パハールプールでは8世紀半ばから、パーラ王朝の支配を受けたがその時代に仏教が大いに栄え、仏教寺院が多数建設された。中でも最大級のものがソーマプラ・マハーヴィハーラでこれは177の僧院を持ち1000人もの僧を収容することが出来た。このためパハールプールはこの一帯の仏教の中心として発達。巡礼者は17世紀まで続いた。また、建築様式はビルマ(ミャンマー)のパガン遺跡やクメール(カンボジア)のアンコール遺跡に大きな影響を与えた。

Wikipedia

ダッカからすぐ行けるとこなのかな?
来週はバングラデシュフェスティバルなんで、バングラデシュ人に聞いてみるかな~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。