SonyのVaio Type P、気になります。

Type P

UMPC市場でひととおりメーカーが出揃ったところで、先発メーカーと視点が異なるコンセプトで存在感をアピールするのはさすが、というか。

他社のUMPCより1ランク上のスペックなので値段的にはかなり高めの設定ですが、もしこれからUMPCを買おうと思ったら、検討対象になるんでしょうね。

気になるところ
● 重量 600gあたりで軽い
● スペックを選べるところ、CPUとかHDDとか
● 画面 8型液晶で1,600×768ドット ってすごい。でも文字小さそう・・・
● オプションでGPSとかワンセグとか、これから他社が追従するだろう機能がある

う~ん、これが去年、自分が購入するタイミングでリリースされていたら買うのかな~?

でも自分の目的はたまに持ち歩き、フォトストレージで利用+ネットサーフィンなのでここまでのスペックは求めないかな?

今回の旅行でNB100を持っていったけど、(上記の用途として)かなり満足しているし。

いずれにせよUMPC各社が出揃った今年、これからは、新CPUに対応したスペックのUMPC+各メーカーの独自色って方向なんでしょうね。

去年買ったばかりで今年は買う必要ないけど、来年、Windows 7が出てきたあたりでUMPCの買い替えとかするのかな?

これからもUMPCから目が離せません。

Vaio Type Pのコピー「手放せないPCへ」
このCMを見ると良くわかる気がします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。