Dave Pike / Jazz For The Jet Set

我が家にはLPプレーヤーがないけれども、(いや、納戸にしまってあるか)これぞジャケ買い。

自分の好きなJazzヴィブラフォン奏者、Dave Pike1966年のアルバム。(米Atlantic 1457)

40年以上前のアルバムだというのに、ジャケットがとてもきれい。
(前オーナーは大切に保管していたんでしょうね)

Dave Pike名義のアルバムの中ではそんなにいい評価はないけれど、全編にわたりorganを弾いているのはHerbie Hancockです。

なお、同じくDave Pikeのアルバムの中では、1964年のManhattan Latin (Decca DL74568)がコレクターの間で高値で取引されています。

Manhattan Latin
雰囲気あって、いいジャケットですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。