自分は同じメーカーのものを使い続けることが多いようで、

靴は学生のころからDr.Martens
(サンダルはTevaからKeenになったけど)

眼鏡は泰八郎謹製。

そしてイヤホンはこの15年ほどEtymotic Research。
(ipodなどのMP3プレーヤーを持ち始めたころかな?)

まあ、チャレンジより安定を好むってことなんだろうか。

Etymotic は元々、難聴の研究や補聴器の開発から始まった会社のようで、耳のことを知り尽くしている会社が作ったイヤホンってやっぱり音にこだわりがありそうだし、何しろ3段になったイヤーチップを見たとたん、これは遮音効果もすごいんだろうな、と。(今でこそトリプルフランジもフツーに見かけるけれど、その当時はまだ斬新だったような)

購入履歴を見てみると2006/01にER6i

Etymotic Research

2007/03もER6i(たぶん断線で再購入)

2010年ごろにEtymotic Research hf5

Etymotic Research

2013/06に ER4PT

Etymotic Research

2019/07 断線によるケーブル交換(Gotor ER4P交換用ケーブル 5N無酸素銅)
ER4PTが断線しちゃったので、買い替えか~、高いよな~って迷っていたら、ケーブルのみを交換できることを知って、さすが高級なイヤホン!って思いました。


Amazonで5,370円。

 

ER4PT+リケーブルは現役で問題ないけど、新しいEtymotic Researchってどんなものがあるのかちょっと気になったのでWebで探してみた。

現行の後継モデルはER4SRと低音を強化したER4XRってのがあるのね。

Etymotic Research

ずーっと原音に忠実モデル系だったので、低音強化版のER4XRが気になるなー。
なんなら買っちゃう?

と思ったらER-Etymotion-BTっていうBluetoothのワイヤレスケーブルってのがあるのね。(21,780円)

Etymotic Research

これ買えばER4PTをワイヤレスにできるのかなー?と思ったらプラグの形が違うようでできないみたい。

なので、ER4XRとER-Etymotion-BTを買ってワイヤレスにするのもありだけど、いかんせん、ER4XRが39,700円とER-Etymotion-BTで6万ちょっと。
ちょっとそこまではなー、と思っていたら廉価版のER2XRとER-Etymotion-BTがセットになったものが17,800円。

ん?17,800円?

ER-Etymotion-BTを単品で買ったら21,780円なのにイヤホンがつくともっと安くなるってどういうこと?

もしかしたら、単品のER-Etymotion-BTよりも機能が抑えられているのかと思ったら全く同じ製品みたいで、違いはER2XRに有線ケーブルがつかないことみたい。(有線ケーブルがいくらするのかわからないけど、、、Etymotic Researchのリケーブルは1万くらいするな)
ちなみに2020年7月の日経新聞によると販売当初の価格は27,800円(税込30,580円)。

販売サイトにはER4XRとER-Etymotion-BTが36,800円で売っていたようだけどSold Outだった。残念。

ということで、ER4XRはそのうち必要になったら買うことにして、ER2XRとER-Etymotion-BTのセットを買ってみることにしました。

でもBluetoothのコントローラーを首の後ろにぶら下げなきゃならないし、いまいちバッテリーの持ちが不安だし、断線したらおしまいの機器なので、当面はER4PTと2台持ちになりそう。(Bluetoothって便利なんだか不便なんだか、いまいち判断つかないなー)

ということで、商品が到着。

早速スマホとペアリングして聴いてみたところ、おお~、低音が強調されてる!
なるほど、こういう違いがあるのね。
まあER2XRとER4XRでどの程度の差があるのか(値段は3倍)、聴き比べたところで自分の耳じゃわからないだろうし、とりあえずいい買い物したかな?

ただ、レビューに「最大8時間使用可能だけど2時間ぐらい経つと勝手に電源が落ちる事があります。1回落ちるとそこから落ちやすくなり終いには、電源が入らなくなります。不具合かと思って交換して頂いたのですが交換品も同じ症状でした。長時間使用する方には、オススメできません」というのもあったのでちょっと心配。

同じ症状だったら交換してみるつもりだけど、販売サイトを見たらSold Outになっていた。(最後の1つだったのね)
交換の場合、単品のER-Etymotion-BTと交換してくれることになるのかな?

っちゅーか、充電は1時間半らしいけど、もう2時間以上充電しているけど、LEDがずーっとレッドのまま。
取説には充電はUSBで行いますみたいな記述だけで一切触れてないし。(明日、お店に聴いてみよう、と思ったらLEDがグリーンに変わった。充電完了っぽい)

Etymotic Research

明日の出勤、明後日の出張でどうなるか試してみようと思います。

 

ということで、翌日から福島に出張だったので使ってみました。

音:ER4PTより、低音が強調されていて、こっちの方がいいかも。しかもケーブルが無い分、タッチノイズとか無いし、邪魔にならないし。

Bluetooth:最悪。満員電車に乗ると、超頻繁にブツブツ途切れっぱなしで、まともに1曲聴けないくらい。
途切れないようにするためには、Bluetoothのコントローラーとスマホの距離をできるだけ近づけることみたいだけど、Bluetoothのコントローラーは首の後ろ。
スマホを首の後ろで持ってなきゃならないくらいなら、ER4PTの方がいいって。
ちなみに、特急やバスなど比較的混雑しない場所ならBluetoothも非常に安定しています。

バッテリー:ビミョー。福島に出張する際は3時間程度で「Battery Low」のアナウンス後、停止。福島からの帰り(4時間ほど)は使え(混雑しなかった)、翌本社への出勤日(満員電車)では1時間持たずにバッテリー切れ。

と考えると、8時間はもつかどうかわからないけれど、ブツブツ切れる環境だと、再接続のために余計に電池を消費して使える時間が短くなる感じかも。

っちゅーか、ER-Etymotion-BTは満員電車では使い物にならない、ってことがわかりました。→つまり、メインで使いたい通勤時は使い物にならないので、これまで通りER4PTを使用しなさい、ってことか。

もしくはER2XRのケーブルを買って、有線で使いなさい、ってことね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。