久ぶりに芝刈り日記。

9年ぶりに自宅に住むようになって(←不思議な言い回し)、ようやく必要な時期に必要なタイミングで芝のメンテナンスができるようになりました。

っちゅーことで、今年はちょくちょく庭に出て、アカカタバミを花が咲いている状態で(できる限り)根こそぎ駆除。

単身赴任中は駆除のタイミングを逸してカタバミの種を飛ばしてしまうことが多く、カタバミが広がってきていたけど、今後は収束方向に向かうかな?

何はともあれ、あらかたカタバミが無くなった後だけど4月10日に除草剤散布。

シバゲンDF
シバゲンDFは有効期限切れだったので、今回展着剤とともに買いなおし。

いつものように水4Lに対し、目分量でシバゲンDF1gと展着剤1ml(スポイト)で2回分。

1週間後には駆除し損ねたアカカタバミが枯れてくれました。

 

25日(日)にはサッチング(15mm)と根切り(10mm)、

芝刈り
枯れた芝が16袋!

&今年1回目の施肥(万緑-NHT+エンザアミン)を行いました。

 

ということで、今年最初の芝刈りはGW明けかな?

っちゅーことで、まずはLM-2810のちゃんと刈れない問題。

2015年4月に買ったので、もう6年目。

まともに刃のメンテナンスをしたこともないので、葉の右側の方が芝を刈っても葉脈(繊維)が残ってしまうことが多いことから、今回、刃だけを購入。

LM-2810 LM-2810

LM-2810は標準で5枚のリール刃がついているけど、アクセサリ部品としては6枚刃なのね。

5枚と6枚って何が違うの?って調べてみると

付属の5枚刃に比べ、リール刃と固定刃のピッチ幅が狭くなり刈高さが安定。低く刈る時に差がでます。

とのこと。

あとは、リョービ(RYOBI)と表記していながら、いつの間にか京セラ系の会社が販売していました。(ま、高くなったり、品質が落ちなきゃメーカーなんてどこでもいいけどね)

 

 

ついでに芝生の肥料 バーディーエース新1号 20kgもお買い上げ。

 芝生の肥料 バーディーエース新1号 20kg

今年の芝刈りの準備が整いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。