なんだか自分が若いころによく聴いていたミュージシャンがどんどん亡くなっていくなー。

ジャズ・ビブラフォン奏者、Dave Pikeが去年、亡くなっていた。

 

自分がDave Pikeに出会ったのは、1999年のころ。

CD Shopで目にとまったJazzコンピレーションのアルバムを聴いたのがきっかけ。


Supercool

一瞬、間違えたCDを買ったか、中に入っているCDが別物?と思うくらい驚いた。

イントロで奏でられるその音がシタールだったからだ。

++++++++++++
Mathar : Set
++++++++++++

Jazzにシタールって、完全に想像の域を越えていた。
それにしても、このグルーヴ感。かっこよすぎ。今でもダンスフロアで十分通用するのでは?

調べてみると、MatahrはDave Pike Setとして1969年に発売されたアルバム、Noisy Silence – Gentle Noiseに収録されてる曲で、実際にシタールを演奏しているのは、Dave Pike本人ではなく、このアルバムでギターを弾いているVolker Kriegelというギタリスト。

じゃ、Dave Pike本人のパートは?ライナーを見てみると、ヴィブラフォンとタンバリン。
ん?この曲からヴィブラフォンが聞こえてこないから、タンバリンなのかー?

それはそれで、サイケデリック・ジャズとか、ジャズ・ロックと言われるアプローチと、ヴィブラフォンのジャズ、ってなんだか雰囲気あって聴くようになったのですが。

10年ほど前まではちょくちょく来日していたので、ジャズフェスや都内のジャズクラブによく見に行ったっけ。

Dave Pike

ステージが始まる前、彼のレコードにサインをお願いすると「このレコードはeBayで売れば500ドルするけど、本当にサイン書いていいの?」とか、「先日、秋葉原でデジカメ買ったから使い方教えてくれ」とか、気さくなジャズマンでした。

Dave Pike

 

You Tubeを探しても、彼の演奏している動画はあまり見つからなかったけど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。