ヨメから「今回の台湾旅行では、台中に1泊するよ」と言われて、思い出した点が1つ。

そういえば台湾の歌姫、蔡依林(Jolin Tsai)が安室奈美恵とPVを撮った場所って、台中の寺院じゃなかったけ?

調べてみると、台中からバスで40分くらいのところにある霧峰林家(むほうりんけ)という場所らしい。

ヨメには、「台中で行くところが無かったら、行ってみうよう」って言ってあったけど、2日目、台北に帰る日。
ヨメも積極的なプランが無いらしい。さてどうしよう?

・ 午前中に台北に帰って、午後から台北でまだ行ってない場所をウロウロする。
・ 午前中に霧峰林家に行って、夜、台北に帰る。

ヨメから「せっかく台中に来たんだから行ってみよう」と言われたので、市バスに乗って行ってみました。

 

ガイドブックに載っているのかいないのか知らないけれど、観光客は自分たちと台北から来たカップル1組のみ。
園内の見学は定時に始まるガイドと一緒でないとダメらしいけど、中国語わからないんですけどー。

とりあえずガイドのペースに合わせて、敷地内をウロウロしてみました。

霧峰林家
おおーっ、この場所!

霧峰林家 霧峰林家

霧峰林家 霧峰林家 

途中でお茶を飲んだり、最後にお土産屋に寄るなどしながら1時間半。

説明が理解できればもう少し有意義だったのかもしれないけれど、まあ充分かな。

 

心残りと言えば、昨日の鹿港もそうだったけど、結構スタミナ切れていて、あまり写真を撮る元気が無かったこと。
日ごろ歩かないし、動かないから、スゲー体力落ちているんだろうなー。

ま、次回台湾に来たら、元気なうちに台中にもう1度来るとしよう。

 

ちなみに、どういう場所なのかwikiで調べてみると、

霧峰林家(むほうりんけ)は台湾で霧峰林家著名な一族である。19世紀中葉から台湾中部の田地を経営し、太平天国の乱・戴潮春の乱の平定や清仏戦争に関わり、数千の兵を抱え、樟脳の専売権を得るなど、清朝統治時代の台湾で最も影響力のある家族であった。国民政府が台湾に移った後は、霧峰林家の家族は彰化銀行を経営し、金融界に影響力を発揮している。基隆顔家、板橋林家、鹿港辜家、高雄陳家ともに「台湾五大家族」と呼ばれている。

霧峰林家

なるほど、、、そういうお屋敷だったのね。
ちばみに一青 窈の父親は、九份の金鉱経営で成功し、台湾の5大財閥に数えられた顔一族の長男・顔恵民という方だそうで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。