現場の仕事は超~がつくほどヒマなのに、事務所に帰ってから、本来業務以外の仕事が後から後から入って、結局3月帰れたのは、この週末だけ。

それも火曜までお休みだったけど、月曜昼から仕事なので、明日朝イチで単身赴任先に戻らなきゃ。
ま、いいや。残業もすごいけど、休日出勤して稼ぐぞ~!

 

ということで、この週末は自宅でのんびりできました。

まずは1ヶ月間、放ったらかしの庭の雑草メンテ。

芝生

さすがに暖かくなってきたので、チョコチョコ雑草が目立っており、これまで見たことが無いほど手のかかってない芝生を見ました。。。(ま、30分かそこらで一掃できる程度だけど)

 

ということで、GWあたりまでの庭仕事プランを考えないと。

昨年はこのタイミングで芝刈りとサッチングしたけど、今の状況を見てみると芝刈りはまだ大丈夫そう。

なので、4月になったら(必要だったら芝刈り)とサッチングして、肥料をまいてGWを迎えるとしよう。(4月はどんな感じで休めるのかまだ分からないけど。)

ちなみに去年はこの時期に15mmでサッチングして、GWにエアレーションと目土を撒くために、再度10mmのサッチングと芝刈りをしている経緯があるので、今年は10mmでサッチングして2度手間まにならないようにしなきゃな。

とりあえず、次回までに肥料を調達しておくのと、芝刈り機も5年目だし、リール刃を新調しようかな?とWebをチェックしてみると、リョービの芝刈り機のアクセサリーに「根切り刃」という新たなアタッチメントが。

根切り刃

何するものぞ?

 

根切り刃芝地に垂直な切込みを入れ、古い根や茎を切る専用アクセサリー。土壌が改善され芝の健全な育成につながります。
注)「根切り刃」の切込み深さは約5mmです。芝地の起伏や芝の長さ、種類によって刃が地面に届かない場合があります。

リョービ

 

ほうほう、なるほど。
エアレーションはできないけど、根の発育を活性化させることができるのね。

芝のメンテがラクになるなら、刃と一緒に買ってもいいかな~?と思ったけど、ここでフッと考えた。

230mmのリール刃と根切り刃を買って14,000円くらい。

今の芝刈り機は買って5年目。それ以前のパナソニックは7年使っているけど、もうそろそろ買い換えてもいい時期?
しかも次は230mmじゃなくて、280mm幅の芝刈り機を買いたいんだよな~。効率も上がるだろうし。

でも、ここで230mmのアクセサリーを買って、芝刈り機が壊れでもしたら、また230mmの芝刈り機を買うハメになるのか・・・。

ちなみに、280mmの芝刈り機とサッチング刃と根切り刃の3つを買うと37,000円くらい。

+23,000円か。まあ、うーん、悩むなぁ。

50mm幅が増えた分、どのくらい重量が増えるのか調べてみると、230mmが9.1kgで、280mmが10kg。
ま、それくらいの重量なら問題なし。

 

来年は来年で、目土とかガーデンテーブルとか他にお金がかかるかもしれないし、今回買っちゃおうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。