さて、と。

去年の7月末、タイ航空のマイレージの改定騒ぎ(1か月チョイの期間、バンコク往復45,000マイルが54,000マイルになった)に巻き込まれたけれども、なんとか今度の年末年始もミャンマーまでマイルで予約ができることになり、ホッとしたとこだけど。

現在のダンナのマイル

ROP

ヨメのマイル

ROP

ダンナは往復予約できるけど、ヨメは片道(31,500マイル)か。。。

なので、我が家が取れる選択肢は3つ

  1. ダンナ→往復マイル+ヨメ→片道マイル+片道タイ航空で購入
  2. ダンナ→往復マイル+ヨメ→不足マイル(10,000マイル)を購入し、往復マイル
  3. ダンナ→往復マイル+ヨメ→片道マイル+片道他の安いキャリアで購入

ということで、12/22の東京-、1/3でヤンゴン-バンコク、1/7のバンコク-東京でそれぞれの価格をチェックしてみると、

  1. 往復の場合は112,330円(運賃78,000+サーチャージ・税34,330)で行けるのに、片道の場合は割引運賃が無いので、往路は143,990円(運賃127,400+サーチャージ・税16,590)、復路に至っては2,110.24USD(運賃1,941USD+サーチャージ・税169.24USD)。往復買って、片道捨てたほうがいいや。。。。っちゅーか、マイルの意味無いじゃん。
  2. 不足マイル(10,000マイル)を購入すると400ドル。およそ47,000円。サーチャージ・税を足すと64,000円弱。
  3. Air Asiaで片道込みこみで37,000~38,000円。つまり、不足マイル購入より27,000円前後安く行ける。

うーん、お金のことを考えれば3.なんだろうけど、万が一遅れや欠航があったら面倒だよな~。年末年始だから次の便もすぐに取れないだろうし。

ちゅーことを考えたら2.か。この場合の支払総額は二人分のサーチャージ、税、発券手数料+400ドル分のマイル購入で116,000円前後。

Air Asiaで調べてみると、バンコク経由のヤンゴン往復が2人で148,000円。これだけ必死にマイルをためても差額が32,000円なんて、なんだかマイルも割に合わないなーーー。

でもせっかくのマイルを無駄にしたくないし。。。。

 

と、ふとここで思った。

そういや、去年と同じくANAの東京-ヤンゴンとバンコク-東京っていくらなの?

ANA

あらま。-バンコクの飛行機が含まれていない&マイルは50%とは言え、二人で込みこみ133,340円。
行きにバンコク経由しなくて済むし。おまけに、荷物はお一人さま23kg×2個だし。

-バンコクはAir Asiaで7,500円で取れるし。もしかしたら今年もFree Seatやるかもしれないし。これもアリか?

 

ちなみに、その場合、使わなかったマイルはどうする?

今後の失効マイルの推移を見てみると、ダンナもヨメも6月末までに発券すれば、それぞれ往復・片道が確保できそう。

なので、年内にマイルを消費するためにバンコク往復でもするかな?11月のロイカトンとかいいかも?
(ヨメは行きか帰りはAir Asiaになっちゃうけれど)

ちなみに、2015年11月の満月は11月25日(水)
イーペン・ランナー・インターナショナルは毎回土曜日開催だから、11月21日か28日あたりか。うーむ。。。。

って、ロイカトンのスケジュールを予想する前に、まずは年末年始を決めなきゃ!

っちゅーか、年内に1回でもタイに行くなら、今回ANAで行こーっと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。