ちゅーことで、α7を売って、α7IIを買うことに決めました。

買取してくれるカメラ屋を調べてみると、α7の買取価格が70,000円で、さらに下取りした場合は買取価格を10%アップ、さらにα7IIの価格も1万円引きにしてくれるので9万円台で買えるお店を発見!

ポチろう、と思ったときに、ふと気がついた。

α7を売る、と決めたのは、α7IIを買ったら使わないだろうから。
だったら、今、使う予定もなく防湿庫に眠っているカメラやレンズも一緒じゃね?

そうだ!手元にどうしても残しておきたいカメラやレンズ以外は売っちゃっえば、もしかしたら売却益が上回ってα7IIタダで手に入るかも!
初めてのカメラ売却体験だったので気が付かなかったよ。

ということで、今後、使うことが無いだろうカメラやレンズをピックアップしてみました。

もちろん、α7で遊べるレンズは売るつもりないけど、過去に買ったデジカメを中心に、ほぼ新品のNew F-1やお気に入りだったContax G1/G2など。

うーん、New F-1やG2を手放すのか。。。。でもフィルム使わないだろうしなー。
使いたくなったら、その時中古で買えばいいし。
今なら売却益で得たお金でα7で使えるMFのレンズでも買ったほうがいいだろうしなー。

と悩みつつ。

ちゅーか、フルサイズもAPS-Cもソニーで最低限のレンズが揃ってしまった今、EOS 7Dも出番がなくなるの必至で、それなら7Dとレンズたちも売っちゃうか。。。

週末の1日を利用して、売却するカメラやレンズの清掃&箱詰め作業を行い、翌日、宅急便で送りだしました。

はあ~、一緒に旅してきた思い出あるカメラも多いので、手放すのはちょっと心が痛むなぁ。。。
もしかしたら、7Dを売り払わなければ良かった、後悔する時が来るかもしれない。

でも、査定で買取金額を見れば、それが正しい選択だったと思うようになるはず!

 

次の日の夕方、買取先から査定の結果の連絡が来ました。
全ての評価がAやABランクだったらすごい金額だったけど、まあ、70点から80点といったところ。

ヨメが欲しがっていたStylus 1sの下取りとして、そのまますべての機材を売却するつもりだったけど、ちょうどヤフオクで連絡を取り合っていた業者から、「査定した店より高い額で引き取れる機材がある」というので、それらの機材を除いてStylus 1sの下取りで売却。

売却しなかった機材は返送してもらい、次の業者に査定してもらうことにしました。
それらは明日、発送予定。査定額が高くなればいいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。