ダンナは来年1月に45,000マイルを超えるから、来年2月ごろに2015-2016の年末年始のバンコク経由ヤンゴン往復を予約するはずだったけれど、今回25,000マイルを消費してバンコク-ダッカ往復を手に入れたのは、バンコクからダッカ往復に必要なマイルを調べている時にちょっと気になるページを見たからで。

New Air Awards on Thai
ん?マイルの改定?

マイルの改定!マジで!?バンコク往復でいくら必要?と確認してみると・・・・、

往復で54,000

9月1日以降の発券分から有効。つまり来年2月に、年末年始のバンコク経由ヤンゴン往復を手に入れるプランは水の泡・・・。_| ̄|○

 

ちゅーかさ、東京-バンコクの往復で稼げるマイルは(2,869×2=)5,738マイル。つまり、

特典航空券を手に入れるには3年以内に10往復が条件。

しかも、マイルを100%ためるには、マイルがほとんどたまらないEARLY ESCAPE SAVERの価格より1万以上高いEARLY ESCAPE SAVER ADVANTAGEのチケットを購入しなくちゃならないのに。

我が家のように年1回のバンコク往復の場合、お高めのEARLY ESCAPE SAVER ADVANTAGEのチケット買って、3年で稼げるのは5,738×3=17,214マイル。つまり残りをショッピングで稼ぐ必要があるけれど、残り36,786マイルを3年で稼ぐには、年120万→月10万をコンスタントにカードで使わなければ、特典航空券は手に入らない、ということ。

もう、タイ航空のマイレージ、当てにする旅行は止めよう。

無料航空券に交換するのは気分的に得した感があるけれど、そのためにわざわざ割高なチケット買って、その投資に見合わない無料航空券を手に入れているわけで。トータル的なコストパフォーマンスを考えたらEARLY ESCAPE SAVERやLCCの方が絶対的に得だし。

 

ちゅーことでRoyal Orchid Plusを清算するか。

ダンナ

今回のバンコク-ダッカで25,000マイル使ったから残り15,026マイル。
年末までに2,992マイル失効し、12,034マイルに。
ただし、11月のチェンマイ(5,542マイル)と年末年始のミャンマー(50%→2,926マイル)の8,468マイルが加算されるため、年明けには20,502マイル。
1月に継続で1,000マイル追加で計21,502マイル。ま、クレジット決済も多少使うから22,000マイル超えるかな?

そのあたりのマイルで可能なことは、バンコクで2泊の無料ホテル宿泊との交換か。

ヨメ

今回のバンコク-ダッカで25,000マイル使ったから残り1,590マイル。
年末までに724マイル失効し、866マイルに。
同じく、11月のチェンマイと年末のミャンマーが加算されると、年明けには9,334マイルに。
継続で1,000マイル追加で計10,334マイル。

・・・、あまり使い道ないかもなー。

 

あと、我が家にはあまり関係ないけどさー、

これまでバンコクのビジネス往復が75,000マイルだったのに、今度から片道75,000マイルに。エコノミーの3倍って、どういうこと?
ビジネス往復をすべてショッピングマイルで手に入れようとすると、3年間で1,500万の出費!

もし、この数字が間違いじゃないなら、タイ航空は本当にマイレージを使わせない気なのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。