24日。2日目。

我が家の観光初日はチン族の村訪問ツアー。

我が家とIくんの3人だけだったのに、話を聞きつけた外人宿泊客3人が「一緒に混ぜて~」となり、ガイド役の宿のマネージャを含め計7名。
(通常は、4名+ガイド1名だけど、人数が増えたので、大きいボートをチャーター)

4年前にチン族訪問した時の印象は、

  • 青くて透明感があって、水面が鏡のように穏やかなLemro川

Lemro River

  • 人懐っこいマーケットの子供たち
  • 緊張して笑顔のないチン族のおばちゃんたち
  • Lemro川で見た夕陽。

Lemro River

 

さて、久しぶりのチン族ツアーは、宿から車でLemro川→対岸のPan Mraunのマーケット→ボートでチン族の村訪問①→昼食→チン族の村訪問②→Lemro川沿いにある採石場の村へ→チン族の村訪問③→Lemro川を下って、宿へ帰る、およそ12時間のコース。

 

Pan Mraunのマーケット。毎週火曜と土曜に開催。4年前もマーケットに行ったけど、土曜日だったのね。

Pan Mraun Pan Mraun

Pan Mraun Pan Mraun

Pan Mraun Pan Mraun

Pan Mraun Pan Mraun
おやつの時間

Pan Mraun Pan Mraun

 

市場巡りのあとは、チン族の村訪問①

Chin Village Chin Village

Chin Village Chin Village

Chin Village
Prince Hotelのランチ。ちょっとピリ辛でうまい!

 

チン族の村訪問②

Chin Village Chin Village

Chin Village
チン族の村でもらったパパイヤサラダ(辛い!)

Chin Village Chin Village

採石場。

Chin Village Chin Village

Chin Village
仕事のあと

 

チン族の村訪問③。最後に寄ったチン族の村は4年前にも行った場所。

Chin Village Chin Village

Chin Village Chin Village

4年前、笑いもしなかったおばあちゃんたちは、化粧して笑顔になってました(笑)

Chin Village

 

前回はPan Mraunのマーケットとチン族の村1か所廻っただけで今回と同じくらいの時間がかかったけど、なんで今回は同じくらいの時間でこんなにいろいろ廻れたんだろ?

それぞれの行った先での滞在時間が短かった?それともボートが大きくて高速だった?

いまいちよくわからないけど、まあ、楽しめました。

しかも結構内容盛りだくさんだけあって、採石場でお茶しているとき、ガイドから「じゃ、次のチン族の村に行きましょう」って言われたときは、また行くのー?みたいな。

ただ、Lemro川が思ったほど青っぽくもなかったし、鏡のような水面でもなかったし、帆掛け船も見かけなかったのは残念だったなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。