毎年、8月の最初の土曜日は江戸川区花火大会(江戸川を挟んで市川市民納涼花火大会)と、いたばし花火大会(荒川を挟んで戸田橋花火大会)が行われています。


いたばし花火大会

我が家から両方同時に見えるので(ま、見えるだけで楽しめるほどの距離ではない)これまで特に出掛けることはなかったのですが、先週の隅田川の花火が消化不良だったこともあり、今回は出掛けてみることにしました。

ま、荒川沿いの住民としてはいたばし花火大会なんだろうけど、同じ下町住民としてはやはり江戸川か。花火大会の観客動員数日本一だし。

 

と、言うことで江戸川の花火大会のロケハン。

場所は・・・、篠崎公園あたりがいいかもしれないけど混みそう。
今日の風は、江戸川区から江戸川を渡って市川側に吹きそう(南風)だから、撮影ポイントは江戸川駅から南下して河川敷のグラウンドあたりで探すかな。

 

ちゅーか、地図をよくよく見てみると・・・・・・?やっぱり!
江戸川の花火大会は、スカイツリーの方角じゃ、ないじゃん!

 

前々から江戸川の方角ってちょっと違う気がする~って思っていたけど、去年の8月4日、いたばし花火大会と同じ日にスカイツリーの方で見えた花火は何だったのだろか?


江戸川の花火・・・ではない。(ではどこの花火だろか?)

 

 

さてさて、夕方5時前に家を出て、江戸川駅に5時半。
まだ人通りがさほど多くないのは、穴場的なエリアなのか、まだ開始時間には早すぎるからなのか。

河川敷をブラブラしながら撮影ポイントを探します。

打ち上げ場所からおよそ1km。
江戸川の向こうに打ち上げ場所が見える場所を発見。

撮影のためにはもう少し近くに寄るべきかな?と思うけど、あまり混んでない芝生のグラウンドで、レジャーシートを広げてゴロゴロしながら見るのもいいかも。

川辺に吹く風も涼しくて気持ちいいし。

 

夜7時15分。あたりが暗くなって花火が始まりました。

おおっ、ちょっと遠いけど、花火が大きいので意外としっかり撮れそうな場所じゃね?
まあ、三脚を立てたカメラマンが見当たらないのは、ここよりずっと素晴らしい撮影ポイントがあるんだろうけど・・・・・。

江戸川区花火大会 江戸川区花火大会 

風がそこそこ強いので写真がぶれるかと心配したけど、逆に風が一気に煙を押し流してくれているので、花火がきれいに見えます。

隅田川の場合は、スカイツリーも隅田川も、白髭橋もフレームに収まるのでそれはそれで面白いけれど、打ち上げポイントにマンションが立ちはだかっており、かつ仕掛け花火は全く見えないのが難点。

だけど、江戸川の花火大会は、川岸から打ち上がる花火も仕掛け花火もちゃんと見えるので、花火を見るならこっちなのかも。

江戸川区花火大会 江戸川区花火大会

それにしても仕掛け花火は、どのタイミングでどの程度明るくなるのか読めないので難しいな。露出オーバー気味が量産。

江戸川区花火大会  

8時半に終了。

観客日本一だけあって帰りの混雑を心配したけど、どうやら河川敷から江戸川駅に向かう人の数はそれほどでもなく、駅前で多少混んだくらい。

 

それにしても花火の写真って、風向きや人の混み具合など自分のスキルではどうにもならない要素が多いけど、去年の隅田川もそうだったし今回の江戸川も、なんちゃってロケハンでそこそこ納得した場所が探せたのは、ラッキーなんでしょうね。

とりあえず来年の江戸川区花火大会、また行くことにしよう。
そして来年はもう少し打ち上げ場所に近い場所でロケハンかな?

 

来週は単身赴任先で花火か。
一応、カメラと三脚持っていくかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。