先週の足立区花火大会は仕事で行けなかったけど、今週こそは。

隅田川花火大会
~♪

昨年は白髭橋を北上した土手、スカイツリーと隅田川に架かる白髭橋が花火と一緒に収まるポイントで花火を見たので、今回は下流側とかロケハンしてみようかな?

天気予報によると今日の南より風→花火の北側(上流側)は煙できれいに見えない可能性もあるし。

とは言え、下流側から見える花火の写真をネットで探してもこれって思える写真が見当たらないので、下流側で撮影に適した場所を探すのは難しいのかも。

&暑い中ロケハンするのも面倒だし、花火の時間帯は風向きが変わらないとも限らないから・・・・、やっぱ去年と同じ場所でいいや。

 

雨雲は見えないけれど、天気予報では夕立の可能性あり。
雨が降られても大丈夫なように、lowproのカメラバッグと傘を持って、17時半ごろ会場に向かいました。

 

18時ごろ白髭橋北側の土手に到着。去年よりも若干人が多い感じ。

去年カメラを構えた場所(植栽の陰に隠れた土手の斜面)はこの時間になっても十分スペースがあるので、今回も同じ場所でカメラを構えることに。

駅から歩いて汗だくになっていたけど、川岸なので街中よりも涼しいや。
タブレットで読みかけの小説を読みながら花火を待つことにしました。

 

 

夜7時。スカイツリーのライトアップされると、花火が打ち上がり始めました。

が、予報通り、南よりの風。

 隅田川花火大会
あれれ・・・?

う~ん、想像していたより煙の影響って大きいんだな。しかもスカイツリーまで影に隠れちゃってるじゃん。
周りの見物客も、「きれいだね~、すごいね~」と言ったのもつかの間、見えない花火に戸惑っている様子です。


ちなみに去年。

でも、風が弱い時もあれば強い時もあるだろうし、8時半までの間に何回かは写真のチャンスに恵まれるかも。

 

と、オープニングの花火が終了したころ、会場がざわついたかと思うと、北から冷たい空気が一気に会場の土手を吹き抜けました。

夕立ち?マジっすか~?

まだ冷たい風だけで、雷の気配はないし雨雲も見えないけど・・・・。

 

幸運なことに、北風のおかげで花火の煙が向こう側に流れるようになったので、写真を撮る環境は整ったかも。

隅田川花火大会

ところが、夕立ちを警戒し、傘を広げたり帰り支度を始めた見物客がレンズの前をワラワラと。
座るなら座る、帰るなら早く帰ってくれーーーー。

 

と、願いむなしく、雷とともに雨がポツポツと。

やれやれ。

 

一旦カメラをバッグにしまって雨脚の様子を見ようとしたものの、風で傘が役に立たなくなりつつあったので、諦めて家に帰ることにしました。


ちなみに去年。

はぁ~、せっかく休みまで取ってこの日に臨んだのに、たった30分で終了とは。
しかも、これ、といった写真が撮れなかったし。ずぶ濡れだし。

 

ま、また来年。
来年こそは、足立の花火大会も、隅田川も両方行くぞ!

ちゅーか、来週の江戸川区の花火大会もあるしな。

 

家に帰って写真見てから気がついたけど、スカイツリーのライトアップのカラーが時折変化していたのね。調べてみると、「2020年オリンピック・パラリンピック招致特別ライティング」だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。