暑いと言いつつ何もしないのもナンなので、土曜日の夜は隅田川の花火大会に行ってきました。
部屋からかろうじて隅田川の花火は見えるけど、花火は拘置所の上だし、せっかくスカイツリーもライトアップされてるし。

 

花火が上がる場所、撮影ポイントなど情報収集してから17時ごろお出かけ。

どうやら川面から打ち上げが見える場所は限られていて、お金を払っていい場所を確保するか、予め場所取りするか、ロケハンしてそれ以外の場所を探すか・・・、なんてのは面倒なので行きあたりばったり。

 

とりあえず南千住から白髭橋まで歩いて、ポイントを探すことにしました。

まずは白髭橋を渡って右へ曲がって高速道路の下、堤通へ。

通路を挟んで宴会スペースがあるけど、人の埋まり具合は6割程度。
高速道路の下だけあって空が半分以上隠れていし、しかも、隅田川も塀とネットが邪魔してしっかり見えない感じ。

しかもここではスカイツリーを望めるわけでもなく。

確かに打ち上げから花火が見える場所だし、三脚を構えている人も結構たくさんいるけど、写真としてはどうなんだろーーー?

 

仕方ないので白髭橋を戻って、交差点を渡って北上することに。

ここは川沿いに土手が続いて花火見物にはちょうどいいけど、ビルが花火を邪魔する場所なのでちょっと残念なようですが、振り返ってみると、川(橋)の向こうにスカイツリーがあるので、そこそこバランス良さそう。

土手を500m程度歩いて行くと、ちょうど花火の方向に人があまりいない土手の斜面があったのでカメラを構えることにしました。
斜面なのでお尻が滑るけど、仕方ない。

要は滑り落ちる=落ち着いて見てられないから敬遠する場所ってことね。

夕方になり日差しも弱まってきたし、川から吹く風もそこそこ涼しい感じ。

 

19時になると、花火が上がり始めました。


まだ空が明るい時の花火も映えるもんだな~。

たまに、小さな花火がビルの陰からちょこっと見えたりするけど、多くはビルの上に上がってくれるので、写真は撮れそうです。
(ま、ビルはない方がいいけど)

お尻が滑り落ちたり、カメラバックが転がり落ちるのを防ぎながら、終了まで写真を撮ってみました。

ま、同じ場所から撮り続けたので、変わり映えのしない写真が量産されただけかも・・・・。
しかもシャッターのタイミング=数打てば当たる作戦だけあって、ショボイものもたくさんあるし。

それにしても、花火の間、体が滑り落ちるのを踏ん張っていたせいか、帰ったらサンダルが泥だらけでした。

 

来年、もし隅田川の花火大会に行くとしたら、次回は違う角度(方面)から撮ってみようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。