今日、昼の飛行機で に帰ってきました。

それにしても から 、そしてヤンゴンまでの道のりは険しかった・・・・。

ミャウー
バイバ~イ!また来るよ!

 

これまでずーっと年末年始を東南アジアで過ごしてきたけれど、初めて雨に降られました。

Mrauk-U Mrauk-U

しかも運が悪いことに、いつもなら防寒対策として持ってきていたウインドブレーカーを、今回に限って出発直前に置いてきちゃってるし。

ミャウー最後の夜から雨が降り始め、翌朝、ミャウーからシットウェのボートは雨に降られっぱなし。

Kaladan River

一応、屋根はあるけれど、側面、前面から吹き込む雨は防げないので、ボートに乗っている6時間、ずーっと霧吹きに吹かれている状態でした・・・・。

Kaladan River Kaladan River

なので、写真も面白くないし、一緒に帰ったみんなもテンション低いし・・・・。

Kaladan River Kaladan River

 

朝8時にミャウーを出発し、シットウェに1時半過ぎ到着。

 

市場から商店街にかけての散策を楽しみにしていたのに、シットウェも相変わらずの雨。
結局、宿の近くの喫茶店でお茶しただけでした。

Sittwe

喫茶店は2年前にもお茶したところ。店の女の子が我が家を見るなり「あれ?」みたいな仕草をしたので、「2年前にも来たよ」と話したら、「あなたたちのこと、覚えてるわよ」だって。

それにしてもよく覚えているな。。。。
ちゅーか、そんなに我が家って目立つ夫婦かな~?

 

雨は相変わらず止まないので、宿でごろごろすることにしました。

Prince Guest House

明日の朝、晴れてくれたらいいな。
そしたら漁港と市場を見に行こう!

 

夜は、シットウェからミャウー、そして再びシットウェまでずーっと一緒だったオランダ人のカップルと、River Valleyで夕食。

ここのスタッフもまた「あれ、前にも来たよね?覚えてるよ!」と挨拶してくれました。

River Valleyではシーフード鍋を注文。イカや海老などがフンダンに入った鍋でそこそこ美味しくいただきました。

River Valley River Valley

明日、オランダ人カップルは昼過ぎの便でヤンゴンに帰って1泊し、翌々日はバンコクだそうです。
我が家も明日ヤンゴンに帰るので、シットウェの空港でまた会えるね!

River Valley

 

が、、、宿に帰って寝始めてちょっと経ったころ、なんだか胃のあたりから不穏な痛みが・・・・。

あれ?食べすぎたかな?と胃薬を飲んだけど、一向に収まりません。

そこから先は腹痛に始まり、下痢と嘔吐と発熱で朝までのたうちまわることに。

朝には出すものがなくなったので、トイレは行かなくて済むようになりましたが、朝、熱を測ったら39度近く。
(ヨメによると、夜中熱を測ったときから39度近くあったらしい)

Sittwe

あー、こりゃ昼すぎの飛行機乗るのが億劫だぁ。

チェックアウトギリギリまで宿に横になって、ヨメに介抱されながら空港に行きました。

Sittwe
空港のベンチ

あ~あ、結局楽しみにしていたしシットウェは行きも帰りも素通りしてしまったなぁ。
やっぱりもう1回来なくちゃね。

 

空港で昨夜一緒に食事をしたオランダ人カップルも現れましたが、彼らは元気。
やっぱり自分だけ食べた鍋が原因だったようです。

彼らよりも15分ほど早い便だったため、彼らとお別れの挨拶をして、機内に向かいました。

 

機内食は諦めたけど、コーラのおいしかったこと!
冷たい飲み物を多少飲んでもお腹がびっくりしなかったので、快方に向かっているようです。

 

ヤンゴンには15時半ごろ到着。

そのまま16時過ぎの便でバンコクからやってくるTさんと合流の予定でしたが、飛行機の到着が18時!

う~ん、2時間遅れか、辛いな。。。。

Yangon

結局友人の飛行機は19時半ごろ到着し、ロビーで会えたのは20時半ごろでした。

Tさんは2度目のミャンマー。初めて会うTさんの彼女は初めてのミャンマーで多少ビビッている様子。
まあ、ミャンマー人はみんな優しいし、そんなに怖い場所でもないよ。

タクシーに乗って にチェックインできたのは21時をだいぶ過ぎてからでした。

Park Royal Yangon

Park Royal Yangon Park Royal Yangon

宿の近くの屋台でヨメとTさんと一緒に食事をして長い1日が終了しました。(自分はコーヒーだけ。この日は1日絶食。)
明日、ヤンゴンで1日観光です。

 

24時間経たずにここまで体調が回復できたのは、異国にいるという緊張と、どうしてもヤンゴンで友人に合流しなければ、という使命感が大きいけれど、まずは、やっちゃんの献身的な介抱が大きかったね、

夜中の介抱から、翌日の荷物のパッキングまでヨメには大変助けられました。やっちゃん、ありがとね。本当、助かったよ。

&二人で同じ鍋食べなくて本当に良かったよ・・・。
二人ともこんな状態だったら、この日のうちにヤンゴンたどり着かなかっただろうな・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。