依然として予断を許さない状況であることには変わりないけれど、少しづつ事態が収束に向かいつつあるようだ。

だけど、今回の経緯からして当然予想されうる悲しい出来事が徐々に現れてきた。

「冷静な対応をお願いしたい」と政府は言うけれど、地震で直接的な被害がなかった人たちの生活をも巻き込んでしまっている現実。

 

申し訳ない気持ちと、ますますこの先どうなるんだろう、という気持ちでグラグラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。