ミャンマーの人々はサッカーが大好きで、よくプレミアリーグの衛星中継を見ているのを目にするけど。

公電とはいえ、ニュースになった時点で多少は歪曲しているかもしれないけれど。

 

ミャンマー軍政、マンUの買収を検討 米公電で発覚

CNN.co.jp 12月7日(火)10時33分配信

 

ミャンマーの軍事政権は熱烈なサッカーファンで、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)買収まで検討していた――。英紙ガーディアンは、告発サイト「ウィキリークス」が暴露した外交公電でこんな事実が発覚したと報じた。

公電は2009年6月のもので、米大使館が有力な筋から得た情報として、軍事政権トップ、タン・シュエ議長の孫が10億ドルでマンUを買収してほしいと議長にせがんだと伝えている。タン・シュエ議長本人もマンUのファンだったという。

しかしミャンマーは当時、台風による壊滅的な被害からの復興途上にあり、タン・シュエ議長は結局、マンUの買収を断念した。買収額は、国連が推計した復興費用に相当する額だったという。

「議長はこのような出費をすれば体面が悪くなると考え、ビルマ()の国内リーグを作ることにした」と公電は伝えている。

こうしてミャンマーサッカーリーグが設立され、プロの8チームから選抜したオーナーに、選手への給与支払いとスタジアム建設を指示した。選手はアフリカやアルゼンチンからもスカウトしたという。

同リーグは大成功を収め、観客が詰めかけてテレビやラジオも全国中継を行った。「軍事政権にとって、これは政治的、経済的問題から国民の目をそらすための手段だったのかもしれない」との見方も紹介されている。

Yahoo ニュース

 

スゲー!首都機能移転の次はマンUの買収まで!
娘の結婚式では5000万ドルとか、やることデカすぎ。

それにしてもよくそれだけ可処分所得があるよなぁ。。。。

ま、その資金をミャンマーのプロリーグ設立にまわしたなら、国内のスポーツ振興に役立って、結果OKなのかもしれなけどさっ・・・・・。

 

ちゅーか、「おじいちゃ~ん、マンU買って」って言われて本気で検討するか、フツー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。