12月5日はプミポン国王の83歳のお誕生日。
タイの国民は、父の日としてお祝いします。

我が家もお誕生日のお祝いにプッタランシーに出かけてきました。

プッタランシー
国王お祝い仕様

午前中のお経が始まったので、一緒に唱えながら写真を撮っていると・・・・

プッタランシー プッタランシー

ムムっ、境内の周りをパトロールしている影が!

 

 

 

プッタランシー
何だよ~、ついてくるんじゃねーよー。

 

プッタランシー プッタランシー

いつものように白米のタンブンを行い、お坊さんがお食事を食べ始めてから我々も食事となりました。

今日はいつものように激辛ソムタム、ムーカイパロー(豚の角煮をご飯の上にのせたもの)クイティオ、etc・・・・

プッタランシー プッタランシー

12月というのに日差しがとても暖かく、みんなでおいしく楽しくいただいてきました。

 

午後。

日なたは暖かいけど、木陰に入ると若干寒くなってきた気がします。

再びタンブンの儀式を行ってから、みんなで王様を称える歌を合唱して今日の父の日のお祝いは解散となりました。

プッタランシー

プッタランシー
歌のさいごに、「チャヨー(万歳)、チャヨー、チャヨー」って三唱してました。

解散後、記念撮影大会。みんなステキな笑顔でした。

プッタランシー

プッタランシー プッタランシー

プッタランシー

さて、我が家も帰るとしますか。

帰り際、お坊さんに「帰ります&お正月はタイに行ってきます」と報告すると、若い方のお坊さん(IT担当)が、「その時期は自分もサムット・プラカーン(バンコク近郊)のお寺に行ってます。よかったら来てね。」と、寺院の写真つきのタイ語の案内ページに自分のケータイ番号を書いて渡してくれました。

 

う~ん、これだけじゃ場所がわからんけど・・・・・・。
家に帰ってから「Samut Prakan」「wat」で検索してみたら、スグに見つかりました。

Wat Asokaram

英語のサイトで地図もあったので、何とかたどりつけそうです。
1月2日にバンコクに戻ってくるから、3日か4日に遊びに行ってこようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。