これによって、日本のケータイ事情が一気に流動化するのだろうか?

ドコモ、全機種でSIMロック解除 来年4月に対応端末を発売

7月6日18時34分配信 産経新聞

NTTドコモの山田隆持社長は6日、産経新聞のインタビューに応じ、2011年4月以降に出荷する携帯電話端末全機種について、特定の通信会社でしか使えないように“カギ”をかける「SIMロック」を解除できるようにする方針を明らかにした。SIMロックの解除について、総務省は通信会社が自主的に行うよう指針を出したが、最大手のドコモがいち早く全機種で解除に踏み切ることで、KDDIやソフトバンクモバイルなども対応を迫られることになる。

SIMロックを解除できるようにするのは来年4月に発売する夏モデルから。解除を希望する利用者が端末をドコモショップに持ち込めば、係員がソフトウエアを変更してSIMロックを外し、スロットに他社のSIMカードを差し込んで使えるようにする。海外でもSIMカードを入れ替えれば、同じ端末が利用可能になる。

Yahoo ニュース

おお~、とうとう腹をくくりましたか。

これにより、どのくらいのユーザーがDocomoからソフトバンクに流れるのかわからないけれど、「うちらがやったんだから、お前もやれ」みたいな圧力がソフトバンクにかかって、最終的にはソフトバンクもSIMロック解除→DocomoによるiPhoneユーザーの囲い込みを狙っているのかな?

個人的には、つい先日、タイでケータイ買ったばっかりだし、Xperiaに機種変更したばっかりなので、恩恵を受ける(次回の機種変更)には2012年5月まで待たなきゃならないけど、いずれタイとかでSIMカード挿しなおせば使えるようになるのは、いいことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。