バングラデシュはみんな気さくです。
この人たち、何も考えてないんじゃないの~って思うくらい無防備です。

 

22日の午前中、Abedinが近くのマーケットと川(橋)に連れていってくれました。

初めてのダッカ経験。

リクシャに乗って、町の風景を写真に収めていると、手を振ってくれたり、声をかけてくれたり、「俺を撮れ!」みたいな。

Dhaka

マーケットにしても、バングラデシュ人はみんな好奇心旺盛かつフレンドリーで、「写真を撮れ」はもちろん、「どこから来たんだ?」と話しかけられたり。

他の国ではあまり見られなかった、その素朴でたわいもないコミュニケーションが楽しかったりします。

Dhaka Dhaka

カメラを向けると普通は警戒するのが当たり前のはずなのに、レンズを向けると笑顔でポーズを作ってくれるバングラデシュ人って・・・・、いいヤツばかりです。

午後は大雨が降ったのでどこにも行けませんでしたが、部屋でゆっくり昼寝したりのんびり過ごしました。

 

食事はAbedinの奥さんやおばあちゃんが、朝はロティーとヌードル、昼と夜はライスとカリー数種類を作ってくれています。

Dhaka Dhaka

スリランカでもそうだったけど、お客がもうお腹がいっぱい!って断るまでライスやカリーを足してくれるのは、こっちの地域の共通?

「医者にあまりたくさん食べるな、と言われているから・・・・。」
「ダイエットしているから・・・・。」

って話すと、

「そうだ、食べ過ぎは体に良くない」

と言いながら、ご飯をよそってくれます。

「・・・・・・・・。」

ま、仕方がない。
家に帰ってからなお一生懸命、ダイエットに励むことにします。

あ、そうそう、この日の夜、Abedinの奥さんがヨメにサリーを着せてくれたので、みんなで大撮影大会となりました。

Dhaka
・・・・・ 💦

 

昨日も今日もAbedinの親戚が訪れては、挨拶してくれるのですが、あまりにも多くて、途中で覚えるの止めました(笑)

何人か覚えているのは、現在ダッカ大学でMBAを修得中のSweetyさん。
女性があまり外で活躍する機会がなさそうなバングラデシュで、そういう人もいるんだって、ちょっとびっくりしました。

どうやら奥さんの家系は学校の校長先生だったり、そういった家系のようです。

ダンナのCobby(どういうスペルかわからんけど、発音から推測)も、コンピュータエンジニアって言ってたけど、かなりフランク、というか柔軟な発想を持っていて、つきあい易かったな~。

 

バングラデシュって、いいかも。って思ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。