庭の芝。

4月アタマにレインボーシバキープ粒剤を撒いてみましたが案の定、あまり期待できる効果は得られませんでした。

スクスクとカタバミとか育って、花をつけ始めました。
こりゃヤバイ。

ということで、この前買ったシバゲンDFをこの日曜日に散布しました。

それにしても、ほんの20gの顆粒の除草剤、どのくらい希釈するの?

シバゲンDF
石原産業、シバゲンDF商品紹介ページより

なるほど、我が家の庭は75㎡なんで、薬量10aあたり20gと見れば、1a(100 ㎡)で2gあたりでちょうどいい感じでしょうか・・・・?

しかもその場合の希釈水量が10Lから20L!

我が家のタンクは4L。
ちゅーことは、かなり荒っぽく見積もって、1回4Lのタンクで0.5g~1gの除草剤か・・・・。

・・・・、ええい、面倒だっ!目分量で1g、タンク4L(1回)のみ=つまり半分の量で試して効果を見てみよう~。

翌日になって、チョイ無謀すぎたかな?と心配になっておりますが、後の祭り。
目分量1gってのもいい加減だし、除草剤焼けとかならなければ、いいなぁ~。

次回から、水10Lと除草剤2gのルールを守って撒くことにしよう。

来週は、肥料撒きの予定。
今年もしっかり育つといいな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。