もうサジを投げました。

抜いても、抜いてもまた生えてくるカタバミ。(http://ja.wikipedia.org/wiki/カタバミ
結局は深くもぐった根まで取りきれずに、1か月もたたないうちに元通りに。

花をつけ、種を飛ばしてその勢力を拡大させる芝生の天敵です。

なので、地味で報われない努力はやめて、クスリに頼ることにしました~。
理研MCPP(フェノキシ系除草剤)と三共グラミン(展着剤)

MCPP
なんだかわかりませんが、2つ混ぜればとりあえず効きそう???

ということで、MCPPを40ml、三共グラミンを5mlを4Lの水に混ぜ、一緒に買った農薬噴霧器で芝生に撒きました。

その効果は・・・・?

 

 

 

 

 

翌日、芝生を見ると、効果テキメン。

カタバミ
うっひょーっ!!

カタバミが白く枯れています。ちゅーか、24時間も経ってないのにすごい効き目・・・・。

これでようやく月に2日程度、朝から晩までみっちり雑草抜き作業から解放されそうです!
ちゅーか、いままでの苦労はなんだったんだろ?

それにしても・・・・・・、農薬の効果ってすさまじいですね・・・・ 💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。