毎年のことながら、3月が一番忙しい。毎日帰りが12時前後?

でもそんな中、今日は早めに切り上げて、遠藤俊介さん初の個展『カンボジアの子どもたち』に行ってきました。
)

カンボジアの子どもたち

自分は遠藤さんとは面識はないけれども、彼が2006年の夏に書いたトゥクトゥクミーティング参加のブログ、「横浜中華街へトゥクトゥクで乗り付ける(マジ)」(http://enen.exblog.jp/5276887/)を読んで、早く自分も参加できるようになりたいな~と思うのと同時に、クメール遺跡フェチな自分としては、彼とお話できたらきっと楽しいだろうな~、と思ったものでした。

・・・・結局、1つは実現して、もう1つは実現できずじまいでしたが。

数十点の写真は、笑顔の子供が中心。自然にこちらも微笑んでしまう感じ。
優しい気持ちになれるけど・・・、でもちょっと切ないーーー。

そうそう、自分もシェムリアップを訪れるたび、クメールの人々に笑顔が戻っていくのを実感したっけ。
遠藤さんは、この笑顔に出会いたくて何度もカンボジアに足を運んだんだろうなー。

帰り際、友香さん(遠藤さんの婚約者)とお話する機会があったので、「今度の日曜日、中華街をTukTukでツーリングするんですよ~」とお伝えしたら、とても喜んでお話を聞いてくださいました。

自分もまたシェムリアップ行きたいな~。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いまさら気がつきましたが・・・・

自分が入ってたコミュニティ、「クメール遺跡」は遠藤さんが立ち上げたものだったのね。
初めて知ったよ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。