いつものようにCDShopを散策する。

Jazzのコーナーで60年代っぽい写真がジャケットのCDが目にとまった。

supercool
「SuperCool」 980円。

安さもさることながら、どんなアーティストの曲が収録されているか見てみると、Singers Unlimited、Oscar Petersenと知っている名前のほかに、Ella Fitzgeraldの歌うSunshine Of Your Loveなど。

買ってソンしないCDのようだ。
自宅に帰ってCDを聞いてみた。

・・・・!

一瞬、間違えたCDを買ったか、中に入っているCDが別物?
と思うくらい驚いた。

イントロで奏でられるその音がシタールだったからだ。

++++++++++++
Mathar : Set
++++++++++++

Jazzにシタールって、完全に想像の域を越えていた。
それにしても、このグルーヴ感。かっこよすぎ。今でもダンスフロアで十分通用するのでは?

Dave Pikeを調べてみると、彼はヴァイビスト。
この曲は1969年にリリースされたアルバムに収録されているようだ。
matharではビブラフォンは使われてないようなので、彼のこの曲での役割は?とちょっと不思議だが、
彼のアルバムが聞きたくなった。

世の中にはいろんな曲があるものだとあらためて思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。