95年春

大学の卒業を控えたこの春、ナスカにいた。

昼を過ぎた路地裏の喫茶店に他の客はおらず、店の主人がサービスで出してくれたチーチャをすすっていた。

静まりかえった通りに、子供が歌いながら走っていく。

アンデス地方で聞くその曲のサビが、街の寂れた雰囲気によく溶け合って耳から離れなかった。

こんな場所でも流行っているんだ・・・。
そういえばリマでもクスコでも聴いたかもしれない。

帰りに寄ったNYのCDShopでその曲が収録されたCDを購入した。

cranberris

「No need To Argue」

特徴のあるボーカルの声。4曲目。
++++++++++++++
Zombie: The
++++++++++++++

Zonbieとはすごい曲名だな・・・。あらためて思う。
歌詞にどんな意味があるんだろ?

宿に帰ってTVをつけると、「トーキョーの地下鉄で大事件が発生した」とCNNのアナウンサーが伝えていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。