その3と言っても、これ以上、特に取説から得られる情報があるわけではなく。
取説にはフラッシュのシンクロの説明とかあるけど、フラッシュは使わないからスルー。

カメラを操作しながら理解している際に撮った写真をテキトーに。

Pentacon Super

シャッターボタンとロック。もちろんレリーズも使えます。

 

Pentacon Super

このペンタプリズムの真下にある窓のおかげで、ファインダーを覗きながらレンズの絞り値を直接確認することができます。

Pentacon Super

また、このペンタプリズムの脇にある窓のおかげで、ファインダーを覗きながらシャッタースピードがいくつで設定されているか直接確認することができます。

 

ファインダーは取り外し可能で、4種ほどあるフォーカシングスクリーンに取り換え可能。(ebayでもなかなか見つからないけど)

Pentacon Super

それにしてもPancolar 55mmのみごとなまでの黄色っぷりよ。

左側に見えるのが、TTLやバッテリーのインジケーター、右側でちょっとだけ遮っているのが、シャッターを巻き上げてないときのサイン(フィルムを巻き上げると消えます)

あと、Pentacon Super用のウェストレベルファインダーも用意されているので、ebayで売られていたら即調達しよう。(なかなか見つからないけど)

 

で、唯一残念な点は、、、

Pentacon Super

ファインダーを覗くと、真ん中に見事なまでの汚れが!

パッと見た感じ、汚れた水分が伝ったように見えたので、プリズムを分解清掃してもらえばきれいになるのかと思いきや。(っちゅーか、プリズムの中で雫が垂れるようなことがあったら、それはそれで大問題だけど)

光の当て方を変えてみると、あれ?ガラスが2枚張りあわせっぽい?

Pentacon Super

つまり、このガラスを接着した際の溶剤が経年劣化で表面化してしまったようです。
よって修復は不可能なのですが、まあ、古いし、これは仕方ないかな?

まあ、もともとレンズがメインでカメラが付属、くらいの気持ちで購入したわけだけど、知れば知るほど愛着沸いてきちゃうって。
このカメラを使うにせよ、使わないにせよ、他は満足だっただけにちょっと残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。