シンガポールのLCC、scootが成田‐バンコクの就航を記念して、7月20日から31日まで搭乗分は、片道7,600円、8月1日から2017年3月25日まで搭乗分は、9,600円。

片道1万だったら、ちょっと行ってこようかな?9月?それともスコータイのロイカトンの時期?

scoot

って考えたものの、うーん、台湾も捨てきれないな。。。

ちなみに、お彼岸の時期でこの値段で行ける日を探してみると、預け荷物(3,500円)を二人分合わせて51,586円。

scoot

ま、二人で5万ちょっとで往復できるんなら、悪くない金額だけど、台湾。。。。

 

学費を稼ぎながら勉強を頑張っている姪っ子は、遊ぶお金が無い~って言っていたし、九份には子供のころから会ってない、という彼女の叔母と従兄がいるから、会いに連れて行ってやりたいよな~ってわけで。

そうこうしていると、台湾のLCC,タイガーエアーが日本から台北まで片道999台湾ドル(約3,330円)のセールを開始。

タイガーエア

おおっ!って思って調べてみると、どうやら5月23日から6月30日まで搭乗分が対象で、9月のお彼岸を調べてみると、3,330円には遠く及ばないけど、この値段。

タイガーエア

バッグのマークがついているから、預け荷物の費用を含んでいるのかと思ったら、これは機内持ち込み。預け荷物は一人3,200円なので、57,771円ってこと?もし、座席指定と食事(1,500円)も入れればさらに66,771円。

ま、一人当たり22,257円なら安いか。っちゅーか、LCCだ。

 

そうこうしているうちに、今度はピーチが「じゃがじゃがSALE」を開始。

ピーチ

東京‐台北路線は3,790円からなので、調べてみると、

ピーチ

 

おお~安っ。この値段に荷物と座席(3,400円)を追加すると57,030円。一人19,010円か。。。。

でも、朝6時前に羽田出発、夜中1時に羽田着を考えると、使い勝手悪いよな~。

 

と、姪っ子に「台湾に行こうよ!小遣いだけ持ってくればいいから」と誘ったところ、学校のスケジュール的に難しいことが判明。。。

なんだ、ダメか。。。

 

ついでに、TransAsiaを見てみた。

TransAsia

早売11,800円。サーチャージ、税別。

ヨメと二人分でお彼岸の時期にチェックしてみると、既に遅かったのか、11,800円は見つかったものの日にち的にはビミョー。

TransAsia

サーチャージ、税込みで33,360円。

預け荷物と座席でいくらかかるんだろう?って調べてみても、どこにも値段が無く、どうやらこの値段に預け荷物と座席、機内食まで含まれているらしい。

マジで!?

往復運賃11,800円ということは、片道5,900円。

他のLCCでは預け荷物で3,000円程度、座席指定で500円、食事で1,000円くらい別途かかるのに、TransAsiaでは、この5,900円にそれらがすべて含まれているなんて。

発着時間もLCCのように早朝や深夜など駐機費用が安い時間帯を利用しているわけでもなく。

それで、この値段が期間限定のセールではなく、正規割引運賃なんて信じられん。

TransAsia、スゲーな。
思わずポチっとしてしまいました。

 
 

猴硐の猫村行って、遊んでくるかな?

猴硐猫村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。