今週末は今年最後であろうアジア系イベント、ミャンマー祭りに行ってきました。

これまでも4月にダジャン(ミャンマーの正月)のイベントはあったけど、代々木で開催されるようなイベントは無いよなー、って思ってたところ、去年の11月に初めてミャンマーのお祭りが開催。

だけど仕事の都合で行けず、今回、ようやくイベントに足を運ぶことができました。

しかも代々木と違って増上寺。なんでだろ?お寺としてミャンマーと結びつきがあるのかなー?

Myanmar festival
秋晴れー♪

増上寺に到着すると、東京タワーとお寺が見渡せる境内にブースが並んでいます。
まだまだ認知度が高くないのか、そんなに混んでもなく。

東京タワーとお寺をバックに民族衣装を着たミャンマーの人々の写真が撮れたらいいなー、って思っていたけど、配置的にどうも逆光気味。
うーん、ストロボ持ってくるんだった。

会場を一巡りして、お目当ての写真展に行ってきました。

ミャンマーを題材にしたアマチュアコンテストの入賞写真とミャンマーで活躍するフォトグラファーの写真展。
実は昨年のコンテスト入賞作品を見て、もしかしたら自分も手が届く範囲にあるのでは?と思ってお気に入りをいくつか応募したけど、結果は落選。
どうやら去年に比べて応募数がかなり多くなっている分、実力のあるアマチュアカメラマンの作品も多かったんでしょうね。

コンテストで入賞した作品は明らかに去年よりレベルが上がっていて、勉強になるというより、素晴らしすぎて自分なんか足元にも及ばない、ということを認識しただけだったり(笑)

救いなのは、日本写真協会の方と楽しいお話ができたことかな?

Myanmar festival
お話、楽しかったです。

お話しているなかで、先月行ったバングラデシュの写真を見せたら、「いい写真ですねー。これから行われる日本写真協会主催の写真展に、ぜひ応募してみてくださいね~っ」て言われましたが、今日の写真展を見て、アマチュアと言えども、すごい人はすごいんだな~、って改めて実感した訳なので。。。。

写真展を後にして、再び会場をウロウロしていると、どこからか歌声が。
誰だろ?と思ってそちらのほうに行ってみると、あれー?May Kha Larが歌ってるじゃん!

Myanmar festival
May Kha Lar

Myanmar festivalミャンマー祭りのサイトにはZaw Paing、May Kha Lar、May Sweetの実力派の面々がLive Showを行うって書いてあったけど、それは19日(日)の夜、しかも有料って、書いてあったのになぜ???

しかもMay Kha Larの後に登場したのはZaw Paing!

Myanmar festival

ParkroyalZaw Paingは2011年の大晦日、自分が泊まっているホテルでL Seng Ziと一緒にライブが行われるも、その日の朝、チャイティーヨに向けてチェックアウトしなければならなかったので、見ることができなくて残念~、って思っていたミュージシャン。

 

Nha Lone Thar Kwat Lat Phyae Mae Thu

せっかく東京で歌うので見てみたいけど、18日(日)の夜か、、、とちょっと諦めていたのですが、目の前のステージで数曲ほど披露。見ていたミャンマー人も大合唱。

きっと明日の夜はバンドを従えたステージを行うんだろうけど、今日、Zaw Paing見れただけで十分。ちゅーか、大満足。

 

ライブの後は、ちょっと腹ごしらえしてきました。
自分はチキンのカレー、ヨメはモヒンガーを。

Myanmar festival Myanmar festival

と、ミャンマー料理をいただいていると、会場をウロウロしているZaw Paingをヨメが発見。
ファンたちとの記念撮影に応じています。

おー、この機会を逃しては!

ヨメをその場に残して、カメラを持って走って彼の元へ行き、ミャンマー語で「写真を撮っていいですか?」と尋ねると、気軽にツーショット写真に応じてくれました。

Myanmar festival

これがミャンマー国内だったら、ファンに囲まれてなかなかそう簡単にはできないんだろうなー。
年末にミャンマーに行ったら、みんなに見せて自慢しちゃおうーっと(笑)

Myanmar festival

ミャンマー、やっぱいいわ。
来年もミャンマー祭りは外せないっちゅーか、次回は早いうちから来て、東京タワーとお寺をバックに民族衣装を着たミャンマーの人々の写真を撮りたいなー。

ちゅーか、年末楽しみだな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。