もうすぐバングラデシュ。

この次にトーキョーへ帰るのは8月末の週末で、その次のトーキョーは出発の前日だろうから、今のうちからなんとなく準備進めとかなきゃ。
とりあえず大使館に行ってビザを取得したので、あとは持っていくもの。

前回行ったのは、2009年の9月。ちょうど5年ぶりの訪問になるのね。


2009年9月

Abedinの子供たちは5年経ってどのくらい成長したんだろう?

前回と同じように、Abedinの自宅に泊まる感じになるのかな~?
「またバングラデシュに遊びに行くよ」となったら「うちに泊まれ」ってなるもんね。

ヨメが「ダッカに行くよ」ってメールしたら、娘から、「お母さんとおじさんは元気ですか?また会えるのはうれしいです」から始まるメールが届いて、読み進めていくと

何だ?この内容は。

「シャンプーや石鹸、チョコレートの他に日本製のカメラとノートPCが欲しいです」って、あなたーーー。

まあ、バングラデシュから見たら、日本はお金持ちの国で、デジカメやノートPCを好きなだけ買うことができるイメージなのかもしれないけど。

安いデジカメなら1万円くらい?ノートパソコンは4万円程度から?予算は最低5万円?
例え自分が高給取りだったとしても、まだ高校生くらいの小娘に、バングラデシュの初任給の数倍もするような高額な贈り物は良くないね。

デジカメとタブレットなら3万円で済むかもしれないけど、妹に買ってやったら、兄貴はどう思う?兄貴の分も買って行ったら、前回、一緒に遊んだきみたちの従兄弟はどう思う?

君だけ特別扱いするわけにはいかないよ。
&そんなに買ったら旅行の金無くなるっちゅーの。

とは言いつつ、Abedinの家に泊まらせてもらうなら、3宿9飯ぐらいの義理を果たさなきゃならないので、もちろんそれ相当のお土産を持っていくつもりだけど、とりあえず娘がチョコレートやシャンプー欲しがっているなら、それをしこたま買うとして、あとは何がいいだろう?

ま、娘に、ではなくAbedin一家に、ということでデジカメやタブレットはありだけど、wifi使える環境かどうかわからないのでタブレットは却下。
デジカメにしとくか。(とは言え、Abedinの家にパソコンがあるのか?それともネットカフェからメール送信しているのか?まあ、ダッカ大学でMBAの勉強をしていた従姉妹の家にはありそうだけど)

ということで、何にしよう?

キヤノンやニコンで1万円を切るコンデジもあるけど、なんか、値段相応っぽい。1万から2万でもそんなに変わらないな。
もう少し、見栄えがするものないかな~?って探していると、

 

FinePix SL300
FinePix SL300

おおーっ、こういうテがあったか。

一眼っぽいし、ズームも立派だし、手振れ補正もフラッシュも充電式バッテリーも付いてるけど、発売から2年経っているので、結構お買い得じゃん!

これだったら一家の長(Abedin)の持ち物として相応しそうだし、お父さんの許可のもと子供たちもカメラを使うことできるだろうし。
パソコンが無くても、テレビにつなげればディスプレイ代わりになるし。

ということで、こちらをお買い上げ~♪

あと、SDカードと予備のバッテリーと英語の取説を準備しておけば、OKかな?

 

シャンプーやチョコレートはヨメに任せるとして、あとは自分の持ち物か。
出発前夜、単身赴任先から帰ってきてからやればいいや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。