7月30日に、友人から「よかったですね!」とFecebookでメッセージが届いた。

Thai Air

何!?マイル改定中止のお知らせだとーーーー!?

東京-バンコク往復のエコノミー45,000マイルが54,000(片道27,000マイル×2)になるのをはじめとして、ビジネス往復に至っては75,000マイルが150,000マイル(片道75,000マイル×2)に跳ね上がる改定だったから、馴染み客は相当抗議するだろうし、タイ航空に見切りをつけてよその航空会社に流れるんだろうな~と思っていたけど。(そういう自分もLCCに流れるのだが)

そういった経緯に焦りを感じたタイ航空が、「マイル改定は無かったことにして」と参ったのかも。

 

ちゅーかさ、この改定で参ったのは、自分もなんですけどーー。

この改定のせいで、マイルの使用計画の変更を強いられて、使うつもりがなかったバンコク-ダッカ往復の運賃6,310バーツ(およそ20,000円)をケチるために25,000マイル使っちゃったじゃんかーーーー!!!

来年の1月で45,000マイルを超えるから、2015年~2016年の年末年始のバンコク経由ヤンゴンまでの航空券(80,000~90,000円相当)と交換できると思ってたのに~。

 

ちゅーか、今からマイルを元にもどせるのかな?
マイレージで予約した特典航空券のマイル差し戻し手数料を調べてみると、3,750バーツか125ドル。

そんなのムリ。

「あんたらのウソのおかげでマイル使ってしもうたやんけ。同じフライトを現金で買うてやるから、あんた、マイルはきっちり元に戻してくれるんやろな~」(関西弁風)

ってクレームつけたら何とかやってくれるかな?

って考えていたところ、翌日、タイ航空からメールが届いた。

 

平素はタイ国際航空をご利用頂きまして、誠に有難うございます。

本日はご予約いただいておりますフライトのデイリー運航から
週5便運航(月曜日、水曜日除く)のご報告と
代替案をご検討いただきたく、連絡をさせていただきました。

オリジナルのご予約

TG321
9月12日(金) バンコク10:35発→ダッカ12:10着

TG322
9月15日() ダッカ13:35発→バンコク17:00着→→フライトキャンセル

復路便がキャンセル

代替案1
9月14日(日) ダッカ13:35発→バンコク17:00着

代替案2
9月16日(火) ダッカ13:35発→バンコク17:00着

代替案3
往路便の出発日変更

様におかれましては、ご不便をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。
大変お手数ではございますが、ご検討の程よろしくお願い申し上げます。

おおっ~!航空会社都合のフライトキャンセルは全額返金対象のはず。

なんというタイミング!

翌日、タイ国際航空のマイレージデスクに電話でキャンセルし、マイルは元に戻りました。

 

とりあえずダンナのタイ航空のマイレージ、今後の増減を確認しておこう。

 Mileage Statements

年末までに2,992マイル失効し、37,611マイルに。
ただし、11月のチェンマイ(5,542)と年末年始のミャンマー(50%→2,926マイル)の8,468マイルが加算されるため、年明けには46,079マイルに。

続いてヨメ

Mileage Statements

年末までに724マイル失効し、25,955マイルに。
同じく、11月のチェンマイと年末のミャンマーが加算されると、年明けには34,423マイルに。

 

これで無事にダンナの往復、ヨメの片道は確保できそうです。

 

 

さて、気を取り直して、あらためてバンコク-ダッカの取り直し。

Sky Scanner

 時間帯と価格でビーマンに決定~♪

Biman Bangladesh Airlines
香辛料のにおいがプンプン。

最初、ビーマンの公式サイトから予約してみたものの、支払いのページが無いまま終了。(二人で20,320バーツ 約65,000円)

サイトに支払いのことは一切かかれておらず、送られてきたe-ticketに支払いについて何か書いてあるんだろう、と思ったら、支払いに関する項目もなく、予約ステータスと「This booking will expire at 12:00 AM (GMT+06:00) on Saturday August 2」と書いてあるだけ。

決済できないならキャンセルされるのは仕方ないにしても・・・、どうやって決済するんだろか?

仕方ないので、Sky Scannerで表示されたebookersから予約しておきました。(二人で395英ポンド 約68,000円)

 

マイルで買った時より32,000円ほど高くなったけど、来年のバンコク経由ヤンゴン二人分を自腹切らずにダンナの往復、ヨメの片道がマイルで航空券に交換できると思えば、まったく問題なし。

ま、心配ごとといえば、ビーマンが定刻どおりにフライトしてくれるか、ということと(特に復路の日はそのままバンコク-成田に乗る)
マイルの改定は撤回してくれたけど、来年1月には改定が復活して、結局バンコク経由ヤンゴンの往復が45,000マイルで交換できなくなったりはしないだろうか、ということか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。