東南アジアを中心にこの時期、一斉に旧正月を迎えます。
そんなトーキョーの4月13日は、自分の把握しているだけで、

■ソンクラン(タイの正月)
■■ワッパー・(八王子)
■■(成田)

■ピーマイ・ラオ (ラオスの正月)
■■ライス大使館(六本木)

■ダジャン (ミャンマーの正月)
■■日比谷公園

■ホーリー祭(インドの春を祝うお祭り)
■■横浜赤レンガ倉庫

■シンハラ・タミル (スリランカの正月)
■■調布基地運動広場

の旧正月を祝うイベントが開催されました。

これまでは毎年のようにピーマイ・ラオかプッタランシーに顔を出していたのですが、ここ6年連続でミャンマーに行ってるのに、まだ一度も行ってないのは問題だ。

 

ということで、日比谷公園のダジャンに行ってきました。

ダジャン
もう23回もやってるんだね。知らなかったし。

11時過ぎに会場に着くと、噴水広場を囲むようにブースが20~30店舗。ほとんどがモヒンガーとかちょっとしたスイーツ程度のフードのブースばかり。(ちょっと期待外れ。でもそんなに期待もしてなかったかな?)

ま、人の出はそんなでもなく、ユルユルするにはちょうどいい感じ。
年々、ミャンマーが身近になりつつあるとは言っても、ミャンマー人が7~8割。在日ミャンマー人のためのお祝いだから、そんなもんかな?

ダジャン
ステージでは、在日ミャンマー人のバンドや踊りなど。

 

 ダジャン ダジャン

ミャンマー料理がとりわけ好き、というわけでもないし(タイ料理の方がうまい)、物販もほとんど無かったし(ゴールデンイーグルとか出店すれば面白かったのに)、ステージを見て、ちょっとしたミャンマー料理を食べて、ゆるゆる1~2時間過ごせば十分かな。

でも、ミャンマーポップスのステージと、周囲から聞こえるミャンマー人の声の中にいると、なんだか居心地良かったな~。

ダジャン
ミャンマー人、日本にいてもフレンドリーだし。

ラオス大使館やプッタランシーのようにちゃんとしたお祝いの行事もなければ、十分な食事もなかったけど、暖かい日差しの中、公園でランチってのもいいもんだ。

 

140413-7
日比谷公園のチューリップ花壇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。