3年経つと同時に流れ出ていくタイ航空のマイレージから、無期限でショッピングマイルが貯められ、貯まった時点でマイルに変えられるAmexのスカイ・トラベラー・カードに切り替えてみました。

  • 対象航空会社の航空券が3倍ボーナス(100円=3ポイント)
  • 入会後1年以内に、対象航空会社の航空券をカードで購入された場合、初回に限り、5,000ボーナスポイント
  • ご入会ボーナスポイント3,000ボーナスポイント

ということで、さっそく年末年始の旅行を予約しちゃおう~♪

とりあえず11月もタイ()に行く可能性が高いことを考えると、12月は仕事納めまでおとなしく仕事して、27日(土)に出発した方がいいな。
逆に1月は仕事が忙しくないし有給も取りやすいので、12日(月)に帰国すれば、5日の有給取得で17連休。13日から単身赴任先で仕事ができるし。

 

ま、いつまで続けるかわからないけど、とりあえずミャンマーで。

ヤンゴンに到着して数日後にチャイティーヨに行って、年が明けたらその足でモーラミャインあたりに行ってみようかな?
で最後にまたバンコクで数日過ごして帰ってくる感じにするとちょうどいいスケジュール感になりそう。

 

早速、タイ航空でバンコク経由ヤンゴン行きを調べてみると、

運賃112,000+保険/税金33,520=145,520 円

うーん、いい値段だなー。

ちなみにヤンゴン直行便があるANAを調べてみると、成田‐ヤンゴン、‐羽田で

運賃 50,500+保険/税金28,470= 78,970円

マジっすか?
安いチケットなのでマイルは50%しかつかないけど、お値段約半分。

まだ検討前なのでなんとも言えないけど、モーラミャインから陸路で国境抜けてバンコクまでバスで行くことも可能だし。
モーラミャインからヤンゴン戻って、Air Asiaあたりで安くバンコク行けるし。

なので、ANAでお買い上げ~。

よって、Amexのポイントは、チケット購入代金×3倍で約4,800ポイント。
ボーナスポイントが8,000ポイント加算されるので、いきなり13,000ポイント。

ANAだったら、ローシーズンのソウル往復が12,000ポイント。
もう少し貯めれば台湾の往復も圏内ということね。

いずれにせよ、12月28日から1月7日か8日ごろまでミャンマーを旅行し、バンコクで数日過ごして帰国。
ま、ミャンマーのどこ行くかはこれから考えよう。

 

なんてホッとしていたら・・・・、

Air Asia

おおFree Seats!しかも今度の年末年始が対象じゃん。

 

ということで、ヤンゴンからバンコクの年始の金額をチェックしてみると、運賃タダ。
保険や空港税のほか、預け荷物や座席指定でお金が取られるけど、おひとりさま43ドルだって!

140224-2

この春に開通が予定されているヤンゴン‐バンコクの国際バスが55ドルとか。
ものは試しに陸路でミャンマーからタイに抜けてみるのも面白そうだけど、ヤンゴンからミャワディまで車でおよそ8時間かかると思うので、朝6時に国境が開くのを狙って夜の9時か10時ごろ出発。
国境越えで1~2時間かかりさらにメーソートからバンコクまで8~9時間。夕方ごろにバンコクに到着する感じとみた。

飛行機の場合はヤンゴンでさらに1泊しなくちゃならないものの、快適なベッドとシャワーで疲れも取れるし、Air Asiaの早い便だと朝10時30分にはドンムアンに到着し、その日も有効に使えることを考えると、やっぱり飛行機かな。

ということで、ヤンゴンからバンコクの飛行機も予約完了。
年末年始の旅行の骨格が組みあがってしまいました。

懸案事項は、ミャンマーの宿の確保と、モーラミャインでどうやって過ごすか、いろいろ情報収集しなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。