4日。カオヤイ国立公園へ。

前日夕方にシラチャーに移動して、年末年始をタイで過ごしている友人たちと合流し、みんなでカオヤイ国立公園へ遠足に行ってきました。

 

世界遺産(文化遺産)を見に行くのは好きな方だけど、自然遺産は初めて。
ピックアップの荷台に乗って、さあ出発ーー!!

Khao Yai National Park

 

と車を走らせることすぐ、第一村人、発見~。

人間を見ると、何か反応するのかな?と思ったけど、特に近寄るでもなく、威嚇するのでもなく、ただフツーに共存しているような感じです。

ガイドさんによると、「お客がむやみに動物に餌を与えないよう、最初にレクチャーしてから入園するようにしているので、サルは人間に近寄ったりしません」とのこと。

なるほど、自然と共存するにはこういったことが肝心なんだよね。

 

「サルと目を合わせると襲ってくるから、目を見ちゃダメ」みたいな環境で育ってきたので、サルをじっくり観察するのは初めてかも。

しかしこうやってマジマジと見てみると、意外とサルも人間臭い表情するもんだな~。

 

 

次に向かったのは、公園内にあるPha Deaw Dai Cliffという眺めの良い崖。
これまた結構急峻な・・・・、といより垂直か。

Pha Deaw Dai Cliff Pha Deaw Dai Cliff
せっかくなので、できることをやってみた。(ちょっとすごい)

ちなみに崖にあった石碑には、「Pha Deaw Die Cliff」と刻まれてあったけど、これってシャレ?それとも単にスペルミスなの?

 

山の上でお昼を食べたあと、今度は滝へ。

滝?タイでは平地が多くて、タイ人は滝をほとんど見たことないから、観光客に見せたいのかな?と思ったら、ガイドさんによると、この滝は映画「ビーチ」の撮影ポイントだったようです。

確かに滝のシーンがあったような覚えはあるけど、そこで何してたっけ?滝つぼにでも飛びこんだ?


近寄っても全く逃げないのね。捕まえられそう

 

滝の後は、ドライブしながら動物観察。

Khao Yai National Park Khao Yai National Park

陽がさしている間はそこそこ良かったけど、午後になって雲が出てくると途端に寒く感じてきます。ピックアップの上で風に吹かれているからなおさら。

 


Hainan Blue-flycatcher

 
Rhinoceros Hornbill (つがいのサイチョウ)

しっかし、ガイドさんはよく走っている車から、「あそこに鳥が!こっちには鹿が!」と見つけられるよな~。
みんなも目を見開いて動物たちを探してみたけど、全く自分たちでは見つけられませんでした。

 

 

今まで、旅行の目的地として自然公園とか考えたことなかったけど、結構楽しめるものね。
たまにはこういうのもありかもー。

 

自然公園の遠足を終えて、みんなでお茶することになりましたが、ついた先はカオヤイ公園近くにあるイタリア村。(そんなのがあるんだ!!)

お茶する=どこか道路脇の屋台で、コーラでも飲んでダラダラすることしか想像してなかったけど、タイの自然公園の帰りに「なんちゃってイタリア」に行くって、なんだかタイ人っぽい~(笑)

まあ、ここはタイ人の遠足の場所。
1日楽しく過ごすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。