昨日、ネットのニュースで

「カウチサーフィン」でウチに泊めて! 宿泊費無料の海外旅行が人気

ヨーロッパや北米など、世界の旅行者が利用する人気のインターネット・ネットワーク「カウチサーフィン」()。 簡単に言えば海外旅行者がサイト内のメンバープロフィールを見て「あなたのウチに泊めてください」と事前にお願いするというもの。ツアーを利用しない外国 人旅行者や低予算で旅行がしたい若者にウケて、急速にメンバー数を増やしている人気サイトだ。

日本ではネットを通じて素性も知らない人を 宿泊させるという行為に違和感を覚える人も多く、支持率は少ないが、メンバーだからといって宿泊リクエストを受け入れる義務は一切なく「泊めることはでき ないが会うぐらいならオッケー」を意味する「コーヒー オア ドリンク(Coffee or a drink)」の選択も可能だ。私も1年ほど前からメンバーで、様々な国の人と出会い大阪の街を案内してきたが、日本にいながらにして世界各地からの訪問 者と話し文化のエクスチェンジができて面白い。「英語を話したい」「文化の交流に興味がある」という人にはお勧めだ。

同サイトを使って 世界各地を旅行している台湾人のヤン君は、アラスカのホストに会ってすぐ「僕は留守にするけど家は勝手に使っていいよ」と鍵を渡されて「いくらなんでも信 用しすぎだろ?」と驚いたそうだ。ヤン君自身も世界各地でお世話になっているお礼として、ホストとして滞在先と食事を無償で提供しているという。私が案内 した人の中にはイギリス東部ノリッチの市長さんやアメリカ人作家もいたが、普段聞けないような話が聞けて楽しかった。数十人のカウチサーファーに、率直な 意見や利用法を尋ねたら同じような答えが返ってきたので紹介しよう。

  1. ヨーロッパや北米では比較的、泊めてくれる人も探しやすいが日本では難しい(ちなみにメンバー比率は約50%がヨーロッパ、約27%が北米、次は南米と続く)。だが、日本は英語の看板が少ないので、案内してもらうだけでも有難い
  2. カウチサーフィンは互いに思いやりと信頼で成り立っていることを理解して、ホストに無理は言わないこと。ホスト側もできないことは、気を使わずはっきり言う必要がある
  3. 現地の人と知り合うことで、普通の旅とは違う貴重な経験ができ視野が広がる
  4. 世界中に友だちができる
  5. 相手の素性を知らないという危険性もはらんでいるため、泊めてもらう時や会う時はレファレンスをチェックしたり、当人の名前や写真なども確認する必要があ る。レファレンスが付いていない人や情報が少ない人は避けたほうがいい(レファレンスとは、一度泊まったり会ったりした人が、互いの印象を正直に評価して その人の自己紹介欄にアップすることができる機能。当然、悪い評価の人もいる)

カウチサーフィンによると、無料で宿泊先を探すことだけが 目的ではなく、海や大陸、文化を超えて人と人が絆を深めることなどを目的に運営している。ホストを探す時には注意も必要だが、信頼と思いやりで成り立つ 「ウチ泊めて」システム。海外で実際に体験した時には改めて紹介したいと思う。

Exciteニュース

という記事を読んで、そういえば以前も「カウチサーフィン」って気になったことがあるよな~、って思い出しました。

Couch Surfing

ま、我が家は二人で住んでいるし、イギリス人(ヨメの友人)も泊まりにきたことあったし、外国からの訪問客を家に泊まらせるのにあまり抵抗感がなかったので、ものは試しとアカウントを作成してみました。

それにしても「お宅に泊めて」ってどういうシステム?

とりあえず、言葉のスキルや趣味、旅行した国など自分のプロフィールを作成するところから始まるのですが、

・「泊めてもいい」
・「お茶や食事だけ一緒に」

といった、受け入れスタイルを指定します(もちろん、いつでも変更可)

「泊めてもいい」なら、泊めてもいい性別や人数を指定したうえで、どこに住んでいるか(交通機関)やゲストに提供できる部屋の様子(ベットor布団)、平日と休日どちらがOKか、といった相手が知りたいと思われる情報を入力していきます。

ま、Web上では多少日本語にローカライズされているけれど、日本に訪れたいツーリストは、少なくとも日本語の読み書きができないはず。

なので、英語で紹介文を作成してみましたが・・・・・・、夜遅くなったのでこの日は途中で作業を中断しました。

ま、よくルールわかってないし、時間を見つけて仕組みを理解しながら徐々にプロフィールをアップデートすればいいや。お休み~♪

 

翌朝、メールを開くとポーランドの夫婦から1通のメールが。

”it’ll be possible to stay for one or two nights in your home?”

え~っ!?
アカウントを作ってまだ24時間も経ってないのに?

受け入れてもいいと思ってアカウント作ったけど、まだ心の準備ができてなって・・・ 

とは言え、初めてのコンタクト。もちろん我が家に泊まっていい日を返事しておいたので、都合が合うようだったら来月、我が家に泊まりに来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。