2日のお昼にミャンマーから に戻ってきました。

イケピーさんが直々に空港までお迎えしてくれ、そのまま6ヶ月ぶりにメークロン駅・アムパワー市場に行ってきました。

Maeklong Maeklong

前回訪れたときは、ちょうど列車が出発してしまった直後だったので、リベンジです。

時刻を確認すると、ちょうど3時の列車が入ってくるところ。

市場を散策しながら列車が入ってくるところを待ち構えていると、突然、ワサワサと日よけのテントがたたまれ、そのすき間をぬぅ~っと列車が入ってきました。

Maeklong
はいはい、列車が通りますよ~。

おお~っ、線路わきに並べられた野菜がギリギリ。蹴飛ばされないのかな?

Maeklong

列車が通り過ぎると、何事もなかったかのように元通り。(どっちが元の姿なのか?)

 

メークロン駅では、同じくツーリストやタイ人の若者が出発前の列車をめいめいに撮影していました。

Maeklong

30分後には、メークロン駅発の折り返し最終電車が出発したのでムービーで撮影してみましたが、自然と心の中で「」のテーマ曲を流してるじゃん、俺!

Maeklong

やっべ~、自分は鉄分少ないと思っていたのに、結構楽しんでるようです(笑)
にわか撮り鉄誕生です。

 

Wat Phet Samut Worawihanq

 

その後、場所をアムパワー市場に移動。
6月に訪れた時もかなり混んでいたけど、お正月の週末だけあって、6月以上に混雑していました。

Ampawa Ampawa

まずは、前回オトモダチと遊んだ喫茶店に寄って(オトモダチは結局現れず、残念)その後、バンコクの観光客と一緒にエビを食べてきました。

 

今回、ミャンマーでエビを食べるチャンスを逃しっぱなしだったので、プリプリのえびを前に大コーフン!

Ampawa

もちろん、ホタテもイカも、うまかったなぁ~。

Ampawa Ampawa

結局宿に帰ってきたのは、翌日の1時ごろ。

イケピーさん、遅くまでお付き合い&遊んでくれてありがとうございました!
またタイに行ったらよろしくお願いいたしますね。

 

3日。

久しぶりに目覚ましをかけないでゆっくり休みましたが、夕方、Winnieから夕食のお誘いがあったのでお出かけ。

MK

パラゴンのMK Goldで待ち合わせると、WinnieとJoの双子の姉妹が一緒に現れました。(Joは仕事で忙しいようで欠席)

 

Joの双子の姉妹は、6月のWinnieとJoの結婚式の際、我が家をいろいろとフォローしてくれたんだけど、長々とおしゃべりしたのは初めて。

MK

ヤンゴン

結構人懐っこくてかわいい二人でした。

Winnieは妊娠していて現在6ヶ月。4月に女の子が生まれるようです。
おめでとー。

ヤンゴン

子供が産まれたら何か送らなきゃね。

 

4日。

ヤワラーに行ってきました。

まずは、仏具屋通り近くにあるサンジャオ専門店に行ってきたのですが、安いもので1,500バーツくらいから、見てくれがサマになっているのが3,000バーツ以上で10,000バーツを超えるあたりになると、屋根や壁などタイ様式の細工が施されています。

が、いざサンジャオを目の前にして、「毎日お供え物捧げられるかな~?」と思うと、ヨメ共々、安易に買わないほうがいいかな、という結論に至りました。

庭にあるとサマになるんだけど、やっぱり精霊が宿るものだから、見てくれだけで買うべきではないのかも。

 

で、ヤワラー通りへ

Yaowarat Yaowarat
チャルン・クルン通りにあるお店。気になる・・・・・。

Yaowarat Yaowarat

Yaowarat Yaowarat 

 

Joの紹介で馴染みになった時計屋でCitizenのプミポン国王 生誕80周年の限定壁掛け時計を購入。

定価が6000バーツ近くだったけど、その場で4,200バーツ(30%)に値引き。

「よくバンコクに来るね」と言われたので、今回はミャンマーに旅行してきたんだ、と伝えると、「我が家も12月中旬にミャンマーに行ってきたばかりだよ。」とノートパソコンの写真を持ち出して、奥さま含めてひとしきりヤンゴンとチャイティーヨ話に話が咲きました。

Yaowarat Yaowarat

また行くの?と聞いたら、「今年も仕事がうまく行ったらね」と笑ってました。

 

ミャンマーの話でさらにお近づきになれたのか、支払いの段階で4,000バーツに。

帰り際、「来年は王様の84歳の誕生日だから、間違いなく売り出されるよ。そしたらメールで知らせてあげるから買いに来てね」と言われました(笑)

もちろん買いに行きますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。