民主勢力に圧力 総選挙へ観光入国も禁止

 

8月12日7時56分配信 産経新聞

 

【シンガポール=宮野弘之】ミャンマー軍政が年内にも実施する総選挙での与党圧勝に向け、民主派政党への圧力を強めている。また、外国メディアによる選挙取材も認めず、選挙期間中は観光客の入国さえ認めない方針という。報道関係者が観光客として入国することを避ける狙いとみられる。軍政は東南アジア諸国 連合(ASEAN)が提案した選挙監視団受け入れにも消極的だ。公正で開かれた選挙を求める各国の要求を無視するもので、民主化勢力は反発を強めている。

 

(中略)

 

一方、反軍政メディア「イラワディ」によると、軍政当局者は、総選挙が11月中旬からの乾期に行われるとしたうえで、乾期には入国制限が行われると述べ た。今春から導入された空港到着時点でのビザ発行も停止され、米欧や西側諸国からの旅行者は認められないだろうと語った。

Yahooニュース

入国禁止ってマジで!?
既に年末年始の手配、進めてるんですけど・・・

ミャンマー総選挙、11月7日=スー・チーさん不参加確定的に―連邦選管

 

8月13日13時26分配信  時事通信

 

【バンコク時事】ミャンマーの連邦選挙管理委員会は13日、国営テレビを通じ、総選挙を11月7日に行うと発表した。国家防御法違反罪で有罪判決を受け た民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんの刑期は同月中旬までとされており、スー・チーさん抜きの選挙となることが確定的となった。
総選挙は軍事政権が示した民政移管に向けた7段階のロードマップの一環で、実施されれば1990年以来20年ぶり。欧米を中心とする国際社会からは信頼性を疑問視する声が上がっており、スー・チーさんを含む政治犯が釈放されないまま強行されれば、批判がさらに強まるのは必至だ。
連邦選管の発表によると、立候補の受け付けは今月30日まで。立候補を辞退する場合は9月30日までに申し出る必要がある。

Yahooニュース

 

総選挙に関する意見の表明はさておき、とりあえず、年末年始については入国できそうな感じです。

でもこのまま手配とか進めても大丈夫・・・、なのかな?それとも選挙後、荒れるのかな・・・・?

 

3年連続のチャイティーヨ初日の出、ここまで来て断念なんて悲しすぎるので、ミャンマーのみなさまと仏さまにお願いします。

年末にはぜひぜひ、我々観光客を笑顔で迎えいれてくださいませ。

Sittwe
(Sittwe, Myanmar 2009)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。