会社で利用しているTeraStation(TS-XL/R5)のうち、現場で利用しているものが、

RAID Error E14
Can’t Mount

というエラーが表示され、共有フォルダにアクセスできなくなりました。。。。
ディスクはすべて正常となっているものの、ファイルシステムが表示されなくなっています。

BuffaloのWebサイトで調べてみると、

「TeraStation本体に問題が発生しています。
TeraStation本体をバッファロー修理センターへ送付してください。」

とのこと。でも現場のデータが入っているので、あまり送りたくないなぁ。

とりあえず、RAIDアレイの再構成や、ディスクチェックを試してみるものの、復旧しません。
また、HDD以外のハードの異常も考えられることから、同じ型番のTeraStationにHDDを乗せ換えてみたものの、やはり同じエラー。

う~ん、HDDに問題があるのね。

諦めきれずに、自前で復旧した事例がないのか検索したところ、

・ファームウェアのアップデート
・アップデート後、再度ディスクチェックを実行

で復旧したという事例を見つけたので、やってみたところ、見事に共有フォルダにアクセスできるようになりました。

でも、(TeraStationを再起動したら、またアクセスできなくなってしまうとか)ちょっと怖いので、そのままデータを他のサーバにバックアップして、このTeraStationは廃棄することにしました。

 

う~ん、RAID5は耐障害性が高いといえども、そもそもRAIDが故障したら、その中のデータ(や、データのバックアップ)があっても読めなくなるので、もう少し考えなくちゃね。

という反省からか、今現場に配布しているTeraStationは、4本のHDDのうち、2本でRAID1を組み、残りの2本はそれぞれRAID1に保存されているデータのバックアップ、およびホットスペアにしております。

 

我が家にもデジカメデータやmp3のファイルを保管するためにTeraStation(RAID1)がありますが、内部でバックアップしているだけなので、バックアップを外出し(もう1台買う)するかな~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。