ちゅーことでMrauk-U()行きは決定。

あとは・・・・、去年と同様、チャイティーヨ(http://www.mmnavi.com/city/kyaitiyo.html)で年越しするかな~。


, 2008)

なのでスケジュール的にはこんな?

23日~29日 ミャウー
29日~31日 
31日~1日 チャイティーヨ
1日~2日 ヤンゴン

ミャウーへのアプローチは国内便のスケジュールがまだ決まってないけど、ま、1週間あれば行って帰ってこれるでしょ。

で2日にバンコクに戻って、5日の朝にバンコクから帰国、って感じかな?

もしくは、

23日~29日 ミャウー
29日~30日 ヤンゴン
30日~2日 

ヤンゴンからチェンマイに戻って、年末を過ごすとか・・・・。


大晦日のコムローイ(Chiang Mai,2007)

でも、ヤンゴンからの直行はAir Mandalayのみ、これも週2回程度しかフライトないし、冬のスケジュールはまだ案内されてないので厳しいかな・・・・?

10月くらいまで待てばスケジュールが案内されるだろうけど、Air Asiaのバンコク-ヤンゴン往復は今なら1人3,907バーツ(1万円ちょっと)・・・・。

金額の安さにあっさり負けました。

手荷物とか、保険とかオプションで入ったので、1人4,271バーツ(12,000円弱)だったけど、去年は1人で7,500バーツ近く(約21,000円)だったもんな・・・・。
(サーチャージとか、Xpress Boardingとか加算していたし)

ま、チェンマイのコムローイはこれからも見る機会は多そうだし、

去年、チャイティーヨでウロウロしなかったエリアを散策したいし、
参道で食べた串揚げ屋台でまた食べたいし、
同じく参道で買った黒粒胡椒、帰国前にカビを生やしてしまったのでまた買いたいし。

、スー・チーさんに31日に判決

2009/7/28 (10:14)

【ミャンマー】自宅軟禁規則に違反したとして起訴されたミャンマーの民主化運動指導者、アウン・サン・スー・チーさんに対する裁判で、判決が31日に下される見通しとなった。スー・チーさんの弁護団が28日、複数の外電に対し明らかにした。

スー・チーさんは5月初め、自宅に侵入した米国人男性を泊めたとして、自宅軟禁規則違反で起訴され、政治犯が収容されるインセイン刑務所に設置された特別法廷で裁判を受けてきた。

スー・チーさんに有罪判決が下されるか、自宅軟禁措置が継続されるかは不透明だが、来年の総選挙でスー・チーさんに影響力を発揮させないため、何らかの形で収監や軟禁が続けられるとの見方が有力だ。

 

ま、この年末にかけて政情が不安定になるとは思わないけど・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。