大晦日から元日にかけてミャンマーの聖地、 に登ってきました。

 

行き方は簡単。 からバスでチャイティーヨの麓、 まで行きます。
(今回、我が家はバゴーから乗車しましたが)

キンプンで 行きのバス(荷台に板を渡したのを椅子にしただけの幌のないトラック)に乗ります。(席が埋まったら出発)

キンプン キンプン

ジェットコースター的な山道をガンガン進むため、板をがっちりつかむか、前の人の肩や腰に手をまわさないと大変な目に。

45分~60分くらいでヤテタウンに到着。

ヤテタウン

ヤテタウンから山頂までさらに歩きで1時間くらい。

ヤテタウン チャイティーヨ
二人のバックパックを担いでくれたカゴ娘。

せっかくなので大晦日を山頂で過ごすべく、 を予約しました。
(ま、金額の割には大したホテルではない、という評価ですが)

Kyaik Hto Hotel

 

それでも自分の部屋から が見えるから、悪くないんじゃない?

Kyaik Hto Hotel Kyaik Hto Hotel

 

 

ということで初ゴールデンロック。

Golden Rock

Golden Rock Golden Rock

なるほど、ここがミャンマーの聖地ね。

Golden Rock Golden Rock

ゴールデンロックに触れるのは男の人のみ。
柵がない部分もあり、落ちたら大ケガか、最悪死んじゃうかも。

 

Golden Rock
大晦日だから踊ってるのかな?

昼間はさすがにミャンマー人とか多いものの、夕方までにはみんな下山するだろうと思いきや、ゴザを敷いて毛布にくるまって夜を過ごす人の多いこと。

Golden Rock Golden Rock

Golden Rock Golden Rock

それは大晦日だから?それとも午後も遅くなって帰りの足がないから?
夜中とか静寂の中、凛としたゴールデンロックの姿をみることができるのかと思っていたけど、だいぶ予想が外れました。

Golden Rock

 一応、現地時間の21時半(日本の0時)はゴールデンロックの目の前で、現地の0時は宿でゴールデンロックを見ながら新年を迎えました。

あけましておめでとー。
ことしもよろしくー。

ミャンマーだけに、若者がhappy new year!と大声で叫んでるくらいで、あとは花火も爆竹もない静かな新年を迎えました。

朝。

御来光を見るために頂に向かうと、すでにミャンマー人は下山を始めておりました。
あれ~?ここで夜を明かしておきながら、新年の御来光見ないで帰っちゃうの~??

ミャンマー人にとって、朝日とはただ単に朝日なだけなんですね。
おかげで一等席で新年の御来光を拝んできました。

Golden Rock

Golden Rock Golden Rock

この日はバゴーに帰る予定でしたが、バゴーの観光も済んだので、ヤンゴンまでいっきに戻ることにしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。