空港占拠から1週間、タイ混乱収まらず…経済全体に打撃

11月30日22時30分配信 読売新聞
=田原徳容】タイの空の玄関スワンナプーム国際空港占拠事件は1日で1週間を迎えるが、収拾のめどは立たず、ソムチャイ政権は機能不全を世界に露呈した。

膠着(こうちゃく)状態の中、11月29日深夜から30日未明にかけ、反政府勢力「市民民主化同盟(PAD)」が占拠を続ける首都バンコクの首相府とドンムアン空港で爆弾が爆発、50人が負傷した。政情混乱は基幹産業の観光に加え、経済全体に打撃を与え始めた。

爆発で負傷したのは首相府占拠者ら。一方、政権を支えるタクシン元首相派は30日夕、首相府付近で2万人(警察発表)集会を行い、PADの暴挙を批判。PAD排除まで連日集会を開くとしており、衝突の緊張が高まっている。

邦人約1万人を含む足止め状態の観光客ら約10万人に対し、バンコク南東約150キロの軍用空港を使った代替空輸が11月28日に始まったが、完了に1か月かかる。また、1390万人(2006年実績)にのぼる観光客のうち、約160万人が年末までのタイ旅行をキャンセル。観光関連で100万人が09年に失業するとの予測が出た。

タイ政府は混乱による経済損失を最大1000億バーツ(約2700億円)と見積もる。タイは日本の自動車産業の生産拠点で、部品の空輸停滞など影響が出始めた。政情混乱が続けば09年の国内総生産(GDP)成長率は当初予測の約4%を下回り、約2%にとどまるという。財界は11月29日、首相に退陣を要求した。

ソムチャイ首相は11月27日、2空港を対象に非常事態宣言を発令した。しかし、陸軍は既に首相退陣を勧告して造反しており、排除の任を命じられた警察は及び腰だ。陸軍は06年のクーデターで元首相を放逐。元首相派が07年末の総選挙に大勝し、政権に返り咲くと、政権と距離を置いた。PADが、8月下旬の首相府占拠に始まる数々の違法行為を展開しても、軍は「容認」。これが異例の空港占拠を許した。

打開が困難なのは、最大与党「国民の力党」の解党が12月上旬に想定されるからだ。党ぐるみの選挙違反事件を裁く憲法裁判所は11月28日、実質審理をせず12月2日の結審を決めた。解党と首相ら党幹部の公民権停止の判決が見込まれ、その場合、内閣は総辞職する。

PADは、12月5日で81歳となるプミポン国王を頂点とする立憲君主制の擁護を主張する守旧派エリート集団。タクシン政権後期の05年後半から、新興エリート集団のタクシン派の打倒を図ってきた。今日の対立は国民を無視した新旧エリートの利害衝突の表れだ。

最終更新:11月30日22時30分

12月2日の選挙違反事件の結審と、12月5日のプミポン国王の誕生日で事態は動くと思うけど・・・・、

PADって「市民民主化同盟」らしいけど、これがタイの民主主義なのーーー?

そもそも、今のソムチャイ首相って民主的な手続きを経て、首相になったんじゃないのーーー?

どっちの意見が正しいのか、正しくないのか、タイ人にとっていいのか悪いのか分からないけれど、これだけ経済を混乱させてもなお国益にかなうことなのーーー?

ソムチャイ首相が退陣しても、また総選挙で現政権側が勝ったら、PAD側はまたこんな騒ぎを起こすのーーー?

今タイ政府に、Good Night
ただミャンマーに、Good Bye・・・・、

年末年始の旅行、ドタキャンしたくないんですけど。
ちゅーかこれでミャンマー行けなかったら、3年連続でバンコク-ヤンゴンの往復航空券()捨てる事になるんですケド。

PADがその損失を被ってくれるとでも言うの?
ふざけんな~!なんとかしてくれい、

スワンナプーム空港
スワンナプーム国際空港

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。