昨日は午後からラオス講座(@早稲田奉仕園)+夜からマオラオ会。

これまでマオラオ会ばかりの参加でしたが、ようやくラオス講座に参加してきました。

まずは、NHKのアーカイブを上映。

「ベトナム戦争 ケネディの秘密部隊」-・モン族とバン・パオ将軍-

北ベトナムが支援するパテート・ラオ(ラオス共産党)に対抗するため、米国政府はモン族のラオス国王軍を水面下で援助。
ラオス解放後、モン族は故郷を追われ、アメリカに移住を余儀なくされたー。

次に(予定が変わって)ジャーナリストの竹内正右氏による講演。


ラオスの地図を指しながら講義を行う竹内先生

NHKアーカイブの補足や、現在のラオスで迫害されているモン族の背景などを説明してくださいました。

NHKアーカイブにしろ、竹内先生の講演にしろ、自分の知らないことばかり。
ラオスのちょっと悲しい歴史を知ってしまいました。

最後に、ワーチェンさんとイエンさんによるモン語講座!


モン族の衣装を着て登場!

タイ語もラオ語もわからないのに、いきなりモン語もないと思いますが・・・・。
セミナー後、場所を移してマオラオ会。(イエンさんの送別会)

3ヶ月ほど日本に滞在していたイエンさんが、もうすぐルアンパバンに戻られるようで。
日本滞在中で得たものたくさんあると思いますが、ラオスの日本語ガイドとして生かせるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。