今日も会社を午前中休みにしました。

再びバンコクタクシーの名義変更にチャレンジ!

月末は大変混みます、ということなので、9時前に書類(と印鑑)を持って陸運局へ。
今日もまた東京は。なんでこのタイミングなんだろ?

業務が始まったばかりの陸運局は、まだそんなに混んでいません。
書類を提出し、待つこと数分。無事に新しい車検証が発行されました。

その後、今付いているナンバープレートを外して(ちっ、傘差しながらネジ外すのは大変だな~)新しいナンバープレートを受け取りに行きます。

新しいナンバーは、バンコクタクシーのドアの番号と同じ、2550
(ちゅーか、フツーはナンバープレートと同じ番号をドアに書くんだろうケド)

「新しいナンバーをつけて、そのままお待ちください。係りの者が封印しに行きます」

- さて、・・・と。

真新しいナンバーをバンコクタクシーに取り付けます。

バンコク タクシー

車の後ろからまじまじと眺めるとのストライプがなんだかラスタっぽいよな~なんて思っていると、つなぎを着たヒトが。

「車体番号の確認をしますので、ボンネットを開けてください」

- (おっ、なんだ、陸運局のヒトか。陸運局に車を持ち込んだ業者のヒトかと思ったよ)

「車体番号OKですのでナンバー封印します」とおもむろにプチっとアルミの封印を押し込みました。

- ・・・あの・・・これで終わりですか?

「はい」

- ・・・このまま帰っていいですか?

「はい」

あれ~っ!周囲のヒトから、「行灯つけたまま陸運局いくと、行灯を外せ~とか、車検証の車高と違うんじゃないの?とか絶対言われるよ~」とか脅かされてたんだけど、ヒトこともなかったよ~。

肩透かしをくらったまま陸運局を後にしました。でも、これで正々堂々、完全コピーのまま乗り続けられるお墨付きをもらったようなものなので、ちょっとうれしかったりして。

■本日の走行距離:67バーツ
■間違って手を上げてしまったお客さん:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。